なでしこジャパンは準優勝でも胸を張ろう

worldcup2015

サッカー女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝戦、なでしこジャパンはアメリカ代表に2-5で敗戦し、残念がら連覇とはならず準優勝となりました。

この試合、なんといっても前半の失点が痛かったですね。

「たら」「れば」は言っても仕方ないことですけど、3分の相手コーナーキックさえ凌いでいれば、浮足立つこともなく、続いての失点も無かったかもしれません。

前回大会の雪辱を期すアメリカ代表が、試合開始直後から猛攻を仕掛けてくることは予想できていたはずです。

まあ、わかっていてもやられてしまうんですから、アメリカを褒めるべきかもしれません。

正直、15分で4失点の時点で、ブラジルワールドカップのブラジル対ドイツ戦を思い出してしまい、集中力が途切れることで何失点してしまうんだろう、と心配になりました。

しかしなでしこジャパンは決して集中力を切らさず、あきらめず、最後まで立派に戦いました。

 

個人的には交代させられた岩清水の悔し涙が印象的でした。

前回大会より前から、なでしこジャパン不動のセンターバックとして守備陣を牽引してきた岩清水。

前回優勝時には岩手県出身ということもあり、日の丸に直筆で被災地の方にメッセージを送りました。

今大会もわずか3失点に抑える原動力でもありました。

その岩清水が交代とは僕も驚きました。

3失点目でのミスもあり、ホントの悔し涙だったのでしょう。

 

多くの選手が敗戦に涙する中、澤だけは清々しさを感じる姿勢でした。

途中交代からの出場ということもあり、悔しさを押し殺していたのかもしれませんが、微塵も感じさせないところに偉大さを感じます。

 

正直、僕は大会前に、準決勝まで進出すれば上出来、と思っていました。

前回大会から選手層がほとんど変わっておらず、チームとしての厚みに欠けているように感じていたからです。

前哨戦のアルガルベカップの9位惨敗は気にしていませんでしたが。

しかし本大会に入ると、1点差勝ちで勝ち上がっていき、準決勝のイングランド戦も薄氷の勝利で決勝進出を決めました。

相手に恵まれた、なんて言い方をする向きもありますが、僕は全くそう思いません。

 

優勝したアメリカ代表の平均年齢は全チーム最高となる29歳。

日本も27歳と決して若くはありません。

それでも決勝進出するこの2チームを見ていると、男子サッカーと違って、かなり経験がモノを言う競技なのではないか、と。

なでしこジャパンで今年30歳以上なのは福元、近賀、澤、安藤、宮間、川澄、大野の7名。

今すぐでなくとも、徐々に若い世代へ移行する時期が必ずやってきます。

個人的には2012年のU-20女子ワールドカップで3位となったときのメンバー、特に田中陽子に注目しているのですが。
いずれにしてもなでしこジャパンのメンバー、スタッフにはお疲れ様と言いたいですね。

ゆっくり休んで、またオリンピックを目指してがんばってほしいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る