サッカー日本代表がオーストラリアで激闘【W杯アジア予選】

japanvsaustralia

2018ロシアワールドカップのアジア予選。

日本代表は10月11日にアウェイでオーストラリアと戦いました。

緒戦のUAE戦でまさかの敗戦を喫した日本代表。

アジアカップを制したオーストラリアは、現在アジア最強と言っていい国です。

ここまでグループリーグ首位のオーストラリアに、これ以上勝ち点差を広げてしまうわけにはいきません。

 

試合は前半5分、長谷部から最前線の本田へ繋がり、一瞬のタメを作って駆け上がる原口にワンタッチスルーパス、原口はGKと1対1となって冷静に先制ゴールを叩き込みました。

しかし後半7分、その原口がPA内で相手を倒してしまい、痛恨のPK献上から失点。

そのまま試合終了となり、アウェイで貴重な勝ち点1をあげました。

 

もちろん「勝ち点2を失った」という見方もあることでしょう。

確かに勝ってもおかしくない内容でした。

ボール支配率こそオーストラリアが圧倒的に上回りましたが、ピンチというピンチはほとんどなく、よりゴールに近いチャンスを多く作ったのは日本の方でした。

 

この試合、なんといっても守備が機能していた、というのが率直で嬉しい感想です。

前線からプレッシャーを与え、組織だった守備、危険の一歩手前での大きなクリア、そして全員がハードワークを貫いたことです。

前の試合のイラク戦から相当改善されたように映りました。

緒戦のUAE戦では凡守備で敗戦するも、続くタイ戦では大幅に改善されていたことを考えると、今回もイラク戦でダメダメだった守備がオーストラリア戦で改善されたわけです。

思うに、ハリルホジッチは一週間程度の準備期間があれば、選手のコンディションを把握し、最低限の組織的守備を確立できる手腕があるのでは。

まぁ、こんなにやれるんだったらもっと早くやってくれ、と言いたくもなるんですが 笑。

 

天国から地獄を味わってしまった原口ですが、サイドハーフのポジションからPA内で猛ダッシュで戻ってきての結果だったので、まぁ致し方なし、と考えるようにしましょう。

これで3戦連発。

すっかりシンデレラボーイ的な選手になりました。

過去の名選手はことごとく重要なPKの場面で外す、というジンクスがあるように、今回の原口もこのPKを与えた場面が受け継がれるようになればいいかなぁと。

 

一番残念だったのは途中出場の浅野。

疲労した相手をスピードでかき回す、事が求められての出場です。

しかしあっさりオフサイドを繰り返し、密集したPA内でムダなオーバーヘッドによってファウルをとられる始末。

いとも簡単に相手ボールにしてしまうところが、非常に気になってしまいました。

一皮も二皮もむけてくれないと、岡崎の次、には到底届かないかなぁと。

浅野の奮起に期待したいです。

 

日本代表、次の戦いは11月15日(火)、埼玉スタジアム2002でサウジアラビアを迎え撃ちます。

その4日前にオマーンとの練習試合があるので、ここでまたコンディションの把握、守備連携の強化に努めることで、必ずや勝ち点3をゲットしてくれることと期待しています。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る