ジャパンカップサイクルロードレース2016観戦記

img_5515

10月23日(日)、宇都宮市森林公園で開催されるジャパンカップサイクルロードレースを観戦してきました。

スタート/ゴール地点の会場に着いたのが9:30。

朝のかなり早い時間帯に、近辺の駐車場が満車とのこと。

駐輪場もすでに多くの自転車で溢れていました。

img_5457

すでに多くの人出です。

スタートは10時ちょうどで見ようと思えば見られたわけですが、色んなブースの見学を優先してしまいました 笑。

img_5403

まずは個数限定というパナレーサーのブースでのタイヤチューブを購入します。

限定という割には税込み1200円だったので、Amazonの方がほんの少し安いんですけど 笑。


R’AIR [700×23~28C] 仏式ロングバルブ(48mm) TW723-28LF-RA
トレックのブースではバルーンだらけの中、ファビアン・カンチェラーラがサインに応じていて、ものすごい人だかりでした。

img_5419

ガールズケイリンのブースでは『Ride ON!』の収録中。

img_5428

ちなみに昨日も走ったガールズケイリンの選手、元砂選手というコがやたらカワイかったです 笑。

移動中に見つけた補給ポイントでは、キャノンデール・ドラパックの金髪美人に目を奪われます 笑。

img_5458

赤川ダム入口で何周か観戦。

個人的に最高の一枚、ブリッツェンの増田とランプレの新城幸也の並走。

img_5496
残り5周となったところで大型ビジョンの前に戻ります。

ちなみにサッシャさんが特等席から写真撮影してました 笑。

img_5514
レースは5人の逃げから2人に減った残り2周、宇都宮ブリッツェンが昨年同様チーム全員で集団アタック、メイン会場が大いに沸きます。

しかし古賀志の途中で飲み込まれてしまうブリッツエェン。

この時点で集団は20人ちょっと?とかなり絞られます。

ラスト1周、古賀志の上りでアタックしたのはキャノンデール・ドラパックのダヴィデ・ヴィッレッラ。

追走集団に5~6名も、日本人は含まれず、その後ろの第3集団に辛うじて新城幸也が。

新城は追走集団にチームメイトのモーリがいるため、ローテーションに加わらず。

この第3集団が追走組に追いつけば、独走するヴィッレッラに追いつく可能性も。

しかし、ヴィッレッラは追走をものともせず、一人だけ次元が違った走りを見せます。

集団がまったくおいつけません。

そしてヴィッレッラは、そのままぶっちぎり優勝を果たしました。

2位と3位にはオリカのイエンセンとパワー、4位にモーリとなって、新城幸也は9位でした。

 

正直、ヴィッレッラの走りは異次元でした。

強すぎです。

古賀志最後の上りから単独抜け出し後は独走。

追走組だって別に牽制し合うとかではなく、集団で追いかけますが、タイムが全く縮まりませんでした。

キャノンデール・ドラパックはチームプレゼンテーションや前日のクリテリウムでは全く目立たず、じーっとこの優勝だけを虎視眈々と狙っていたんでしょうか。

 

二連覇を狙ったトレックは集団を牽引していたものの、最後は全く目立たず。

ちなみにスカイも4名体制ということもあって、ほとんど目立たず。

BMCもどうしちゃったんでしょうか。

 

2016年のジャパンカップサイクルロードレース、ヴィッレッラの強さだけが際立った大会となりました。

個人的には数名でゴールになだれ込んでくる展開が大好きなんですけど。

また、日本人選手、日本所属チームの奮起にも期待したいところです。

来年はもっと熱くもっと激しいレースになることを期待して、会場を後にしました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る