ブエルタ・ア・エスパーニャ2015の見どころ

vueltaaespana

8月22日(土)からブエルタ・ア・エスパーニャが開幕します。

ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスと合わせて「グランツール」と呼ばれるレースで、スペインを舞台に3週間の戦いが繰り広げられます。

8月の灼熱、だだっ広い荒野、そして難関山岳が代名詞のブエルタ・ア・エスパーニャ、今年は70回の記念大会となっています。

全21ステージ中13ステージが山岳コース、タイムトライアルが2回、平坦コースはわずか6回のスケジュール。

 

昨年はツール・ド・フランスを途中棄権したコンタドールとフルーム、そしてキンタナが参戦したことで注目が集まり、コンタドールが見事に復活勝利を収めました。

今年はコンタドールこそ不参戦となりましたが、ツール・ド・フランスを優勝したフルームが参戦し、グランツール2連覇を目指します。

そしてツール・ド・フランスでフルームを最後まで苦しめたナイロ・キンタナも出場することで、両雄再び相まみえる、との楽しみが増えました。

でも実際のところキンタナはバルベルデのアシストに回る可能性が高いようです。

ツール・ド・フランスでは何度もキンタナを好アシストしたので、その恩返しのアシストに、といったところでしょうか。

しかもバルベルデはスペイン人なので、故郷に錦を飾りたい気持ちも人一倍あることでしょう。

さらにアスタナからはニーバリも参戦します。

そしてキンタナ同様アシストにまわり、エース格のファビオ・アルーをサポートします。

ちなみにアスタナはミケル・ランダも参戦する豪華メンバーとなっています。

 

そしてユーロップカーからは新城幸也が参戦します。

骨折の影響でツール・ド・フランスは選考外となってしまった新城幸也ですが、最後のグランツールでようやく出場が叶いました。

今年いっぱいでユーロップカーがスポンサーではなくなるため、緑色のジャージ姿で最後のグランツールとなります。

エースであるピエール・ローランのアシストは当然のこと、逃げで見せ場を作ってほしいものです。

 

他にはトレックのファビアン・カンチェラーラがツールでの骨折リタイアから復帰し、同じくケガ明けのフランク・シュレックと参戦します。

ティンコフサクソは昨年のツール・ド・フランスで山岳賞を獲得したラファル・マイカをエースに、今年のツールで大活躍したペーター・サガンも参戦します。

ジャイアントアルペシンのジョン・デゲンコルブ、カチューシャのホアキン・ロドリゲス、BMCのサミュエル・サンチェス、キャノンデールガーミンのアンドリュー・タランスキーとダニエル・マーティンなども参戦。

暑い中の熱い戦いに期待したいですね。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る