日馬富士引退と貴ノ岩暴行事件と貴乃花親方と

sumo

毎日毎日テレビで報道されている貴ノ岩暴行事件と日馬富士の引退と起訴。

正直、もう飽きてました 笑。

当然ながら、モノを使って殴ってしまった日馬富士は悪いことをしたし、説教されている中でスマホをいじる貴ノ岩も悪い。

さらに、事態を把握できなかったうえ、収拾することもできない相撲協会も悪いし、協会に従わず無言を貫く貴乃花親方も悪い。

所属する力士たちを指導できない親方連中も悪いし、何より、『関係者』談話として憶測報道ばかりするマスコミも悪い。

スポンサーリンク

今回の騒動で、もちろん誰一人として得する人なんていないけど、個人的に珍しいと思うのは、「誰が悪い」という風潮はあるものの、善人というか、この人だけは間違ってない、と思える、あるいは報じられる人が一人もいないこと。

登場人物の全員が、何かしらのツッコミどころを持っている、あまり例が無い騒動ではなかろうか。

まぁ、騒動そのものをややこしくしているのはマスコミ連中で、次から次へと「関係者の話」というある意味卑怯なフィルターを通しての報じ方。

先日はフジテレビが報じた内容に相撲協会が「事実無根」と反論したり。

こうなると、何を、誰を信用していいかさっぱりわかりません。

 

なので、経緯を考えず、事実だけを考慮しての個人的評価でまとめてみました。

  • 日馬富士-怒るのもムリは無いけど、せめて張り手ぐらいで済ませておけば。モノを使った時点でアウト。
  • 貴ノ岩-礼儀知らずと思われ、ケガ直後に土俵に上がっていたことも謎。
  • 貴乃花親方-協会相手にケンカを吹っかけ(としか見えない)、一切何も語らない狡猾さと悪趣味な服装がアウト。
  • 相撲協会-ダメ組織の典型。とはいえ、物心ついたときから力士なので世間常識など知らずに育ち、引退していった人たちなので、仕方無いとも思えてしまう。
  • 白鵬-彼だけでなく、モンゴル出身力士たちは、そもそも相撲をボクシングで世界チャンプになると同じような一攫千金のスポーツとして考えているように思える。その前提で彼らの言動を考察しないと余計ややこしくなる。
  • その他-朝青龍や旭鷲山は出しゃばりすぎだから、圏外。

てな感じでしょうか。

スポンサーリンク

誰が悪い、どっちが悪い、というストーリーで報じたりコメントするからおかしくなるのであって、「みんな悪い」という味方をすれば非常に簡単なはず。

『子供たちがケンカして積み木で殴ってケガさせて、親バカとバカ親たちが右往左往している』、という構図とほとんど変わらない気がします。

相撲は直接的に血税が使われてはいないものの、補助金という名目や、かなりの優遇措置が取られています。

八百長に賭博に暴行事件というスキャンダルまみれの相撲には、完全な独立採算と他の競技同様な課税措置、明瞭な会計報告を義務付ければいいと思うのですが。


スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る