海に降るのあらすじネタバレ感想

uminikudaru

wowowドラマ『海に降る』全6話を見終えました。

主演は有村架純で、あの有名な「しんかい6500」のクルーとして描かれる、という謳い文句で大々的にPRされていました。

また、舞台はJAMSTEC(海洋研究開発機構)ということで、撮影現場なども全面協力したようです。

現在ではフツーに有名になったJAXA(宇宙航空研究開発機構)みたいに、このドラマを機にJAMSTECも市民権が得られればいいですね。

有村架純の他、亡くなった父親役に時任三郎、母親が原田知世、仲間クルーに筒井道隆、上司に西岡徳馬、父の親友で理事長の遠藤憲一、癒着業者に竹中直人など、最近のwowowドラマでも錚々たる出演陣です。

 

あらすじは、「しんかい6500」のパイロットだった父の遺志を継ぎ「深海の宇宙」を見るべくJAMSTECに就職した有村架純。

国の予算が削られる中、JAMSTECは彼女を広告塔とすべく「しんかい6000」初の女性パイロットとして売りだすも、その初潜航で卒倒してしまい、広報室に異動します。

卒倒した理由はロッカーに置かれていた録画映像を観てしまったため。

深海に突然浮かび上がった死体の映像が映っていたのでした。

この失敗を機にJAMSTECは研究開発を削り、海底資源調査へと大きく舵を切ることに。

リストラや予算カットなど大鉈をふるうのは新たな理事長の遠藤憲一。

以前は亡き父と夢を共にした仲間のはずが、深海への夢も希望も打ち砕く第一人者となってしまいました。

背後には政治家と癒着している民間業者の竹中直人の姿が。

次々と研究者たちが辞めていき、「しんかい6500」のクルーにも亀裂が生じます。

死体が映ったビデオ映像の解析を進め、場所と日時を突き止めます。

その突き止める原動力となったのが、地質研究部門の井上芳雄。

ビデオ映像の裏に隠された、墜落した米軍機の調査、竹中直人が関わっていたこと、時任三郎と遠藤憲一と筒井道隆が極秘で潜航した際に撮影されたこと、そして時任三郎はその潜航中に死亡したことなどが判明しました。

遠藤憲一が理事長となったのは、海底資源を成功させ、予算を増やし、さらなる調査研究を行えるよう考えていたためでした。

現体制に反旗を翻し、ビデオ映像にあった「地震の前兆」を解析すべく、「しんかい6500」での潜航を発表しますが、またも竹中直人の嫌がらせが。

絶対安全を謳っていた「しんかい6500」で死亡事故があり、それを隠蔽していたとリークしたのでした。

遠藤憲一が謝罪会見、事実公表を行う中、筒井道隆が操縦、有村架純、井上芳雄を乗せた「しんかい6500」は調査潜航を開始。

墜落した米軍機を見つけるも、地すべりが激しく、調査断念となります。

しかし米軍機に覆い被さられ、脱出してもロープが絡み、押収したサンプルを全て放り投げての帰還に。

浮上の途中、有村架純は「深海の宇宙」を目の当たりにするのでした。

 

けっこう、かなり面白く見ることが出来ました。

まぁ、これだけの役者を揃えJAMSTECの全面協力を得ただけはあるなぁ、と。

政治的なしがらみとか癒着とか卒倒したりとか、余分な部分をカットしまくって90分ぐらいに収めれば、JAMSTECのかなり良いPR作品になること間違いナシです。

原作の紹介では「冒険恋愛小説」なんて書かれてましたが、恋愛部分なんて描かれておらず、それがまた良い仕上がりになっています。

潜っていく「しんかい6500」や、海底の神秘さもキレイな映像でしたし。

有村架純もかなりがんばってました。

まだまだなぁ、と感じる部分はそれなり多くありますけど 笑。

『海に降る』、ホント、教科書に使えそうな良いドラマだったと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る