監査役 野崎修平のあらすじネタバレ感想

nozakisyuuhei

wowowのドラマ『監査役 野崎修平』全8話を鑑賞しました。

銀行を舞台にした織田裕二主演のドラマです。

wowowドラマには珍しく、漫画が原作なんですね。

織田裕二の他、古谷一行、甲本雅裕などwowowドラマにおなじみの俳優陣、ユースケ・サンタマリア、岸谷五朗、松嶋菜々子などかなりの豪華布陣です。

スポンサーリンク

監査役 野崎修平のあらすじネタバレ

あらすじは、監査役が勤める銀行の巨悪を暴くお話。

支店長だった織田裕二ですが、突然の支店閉鎖に伴い、監査役に就任。

行員からのタレコミで、あるエージェント会社を調査することに。

かつての部下で常務のユースケ・サンタマリアからは手を引くよう命令されるが調査続行する織田裕二。

頭取の古谷一行は、銀行経営の危機であっても真相追求するよう織田裕二に指示。

異常な融資を繰り返し、政治結社、そして現役の総理大臣とも繋がりがあることが判明。

マスコミにも「闇の繋がり」と明るみになり、会見で真相究明を誓う織田裕二。

結局、ユースケ・サンタマリアだけがハメられ、引責辞任という形で幕引き。

タレコミした社員は左遷。

古谷一行は関連会社社長として出向していた岸谷五朗を専務として呼び戻し、織田裕二を衝突するよう画策。

また、初の女性支店長の松嶋菜々子は、半ばヤクザ同然の岸谷五朗と以前は交際していた様子。

松嶋菜々子は織田裕二に、あるビルのオーナーが怒鳴り込んできていることを相談。

織田裕二が調査していくと、バブル当時に明らかにおかしい融資をしてのビル建設でした。

当時の調査を行おうにも、どの部署、どの部長も非協力。

しかし昇進とゴマすりを第一に考えるある部長をエサに、資料一式入手に成功。

さらに、ビルを担当していた元行員から当時の謎の計画の存在を知らされます。

そのビルが放火で炎上。

手を引け、との匿名電話の後、避難させた家族のアパートではボヤが起きたり。

それでも調査の手を緩めず、古谷一行は「汚い仕事」を長年担当していた光石研を副頭取待遇で招聘。

光石研は、当時のビルの計画を、当時の支店長の単独犯行として幕引きさせます。

ビル計画は、保険会社と銀行が結託して融資、ゼネコンが建設し、過剰融資で返済不能にさせ差し押さえ、高層ビルを建設というストーリーでした。

株主総会。

総会屋相手に12時間を超える質疑応答だった織田裕二。

この頃には頭取の関与を信じて疑わず、証拠を集めようとしていました。

ライバル行たちが合併し、勤務する銀行も合併の動きへ。

頭取は、専務の岸谷五朗、副頭取の光石研をうまくコマとして動かし、それぞれ別の銀行に合併話を持ちかけるも、結果的にその両方と合併することに。

これまでの不祥事の責任を取らず、うやむやのまま合併し、さらに合併後もさらに頭取として君臨しようとする古谷一行に業を煮やした織田裕二。

それまで敵だった岸谷五朗、光石研を仲間に。

さらに頭取のスパイだった松嶋菜々子も。

そして匿名FAXで、全行員たちに合併反対の声を挙げさせます。

全支店長会議で合併話をする古谷一行に、反対の声をあげる支店長たち。

多くの行員もなだれこんできて反対の声。

しかしそれらを無視しようとする古谷一行の前に、合併先の2銀行の頭取達が現れ、この状況では合併できない、と白紙撤回。

古谷一行は総理大臣に泣きつくも、時すでに遅く、隠退に。

次期頭取に織田裕二が就任することに。

しかし古谷一行は、織田裕二が以前まとめた不良債権額が多く債務超過であると結論づけた経営資料を金融庁に提出し、国有化させてしまいます。

このことで織田裕二も銀行を辞めることに。

多くの行員に見送られ、ハイヤーに乗ってエンディング。

スポンサーリンク

監査役 野崎修平の感想

うーん。

主人公だけやたらカッコつけたドラマでした。

始めのウチ、頭取の古谷一行は敵か味方かわからず、結局は権力欲の塊で巨悪の根源だったわけですが、だったら織田裕二を監査役にしたり調査を進めよなんて指示をしていた理由がよくわかりません。

そのうえユースケが罪をかぶった最初の事件も、現役総理と闇の繋がり、で真相究明を声高に誓ったのに解明せずに終わってしまったし。

岸谷五朗と松嶋菜々子の真意もわからずじまいだったし。

とりあえず、銀行の幹部ってそのほとんどが権力欲と出世欲のかたまり、頭取という立場は行員からすると神様以上に平身低頭しなきゃいけない存在、ということを知らしめたかったのかな、と。

『監査役 野崎修平』、銀行内部の汚さを知り、織田裕二のムダに熱い演技と岸谷五朗のムダに臭い演技を楽しむドラマでした 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る