キリングゲームのあらすじネタバレと感想

killingseason

ジョン・トラボルタとロバート・デ・ニーロが共演するということで、非常に楽しみにしていた作品です。

90分作品なので過剰な期待は危険と承知しつつも、初共演の二人が並び立つ映像を楽もうと思いました。

 

あらすじは、ボスニア紛争時に「サソリ」という殺戮集団に属していたトラボルタたちを、アメリカ軍が拘束、射殺します。

軍人の一人、デ・ニーロはトラボルタを射殺しますが、実際は生き延びました。

18年後、山中で一人ひっそりと暮らすデ・ニーロに復讐に現れるトラボルタ。

復讐の機会を伺いつつも、意気投合を演じ、酒を酌み交わしたりします。

デ・ニーロから当時の謝罪の気持ちを引き出そうとしますが、それを口にせず、ついに復讐を実行に移します。

捕らえたり、捕らえられたり、お互いがお互いに拷問をかけあいます。

でも、最後はお互いを理解しあってのハッピーエンド。
正直、ちょっと「凝り過ぎ」の感は否めません。

戦争の酷さや悲惨さを訴えたいのでしょうけど、それを上回ってしまう「凝り過ぎ」です。

お互い、殺意満々で対峙しますが、最後の最後で踏みとどまったり、逃げられたりします。

お互いの拷問シーンはけっこう壮絶ですが、なぜかその後のダメージはあまりありません。

デ・ニーロの古傷となる脚の痛みはずっと続いているのに 笑。

五輪のアーチェリー選手だってなかなか当たらないのに、いとも簡単に弓矢が当たります。

『ハンガーゲーム』みたいです。

 

作品中の重要なフレーズとなるのが、第二次大戦時にあるイタリア人が牧師に懺悔した話。

最後の最後、デ・ニーロがトラボルタを殺さず、断崖絶壁の上で二人で景色を眺めながらその結末を話します。

その懺悔話は、ドイツ人女性を救ったイタリア人、その女性が突然彼のモノを咥えたと懺悔すると牧師は「救ったのだから懺悔の必要はない」と。

ところが、最後にイタリア人は「でも戦争が終結したことをドイツ人女性に黙っていた」という結末。

 

最終的には二人のどちらも謝罪することはなく、言葉に出しませんが「戦争は人を変えてしまうムゴイものだ」的な結論でお互い納得する感じ。

この辺りはいかにも欧米人的発想で、僕たち日本人には馴染めない感覚ですね。

名優二人のギャラで予算を使い果たした低予算ムービーな仕上がりです。

二人の共演以外は見どころは殆ど無いと思うので、二人のファンではない人からは、かなり厳しい採点となる映画となるでしょう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る