スターウォーズ/フォースの覚醒のあらすじネタバレ感想

starwarstheforceawakens

映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』を鑑賞しました。

映画館で見たものの、さすがに公開直後はあらすじネタバレを書く気になれず、今回wowowで再放送を見たので、もういい加減大丈夫だろう、ということで書き綴ります。

 

ダースベイダーの死から約30年後の世界ですね。

オープニングは従来通りファンをわくわくさせるテーマ曲が流れ、「ルーク・スカイウォーカーが行方不明」という説明文で始まります。

その「ルークの居場所が書かれた地図」を受け取るため、反乱軍のパイロットであるポーはジャグーに向かい、地図を受け取るも、ファーストオーダーと呼ばれる帝国軍の残党軍に捕まってしまいます。

ポーから地図を託されたBB-8(R2D2をより進化させたようなロボット)はその場から逃げ、ジャンク屋の女性レイと出会います。

この戦闘でファーストオーダーの非情さを目の当たりにしたストームトルーパーの黒人フィン。

彼は心を入替え、自身とともに捕まったポーと逃走しますが、撃墜され、二人ははぐれてしまいます。

ポーを探すフィンは街でレイとBB-8と出会いますが、ファーストオーダー部隊に見つかり、2人と1体は、売りに出されていたミレニアムファルコンで逃走、追撃部隊を見事に撃墜するのでした。

宇宙空間まで逃げますが、もともとの持ち主、ハン・ソロとチューバッカに捕まってしまいます。

ハン・ソロとチューバッカは借金取りに追われてましたが、捕獲していた凶暴化け物をうまく使って撃退。

レイからBB-8の任務を聞き、BB-8を反乱軍に届けるのを手助けすることに。

1000年続く酒場に連れていくと、レイは吸い寄せられるように地下倉庫に。

そこに置かれていたルークのライトセーバーに触れ、幻覚に襲われ、フォースに関わることをやめようと決意します。

すると地図とBB-8を追ってきたファーストオーダーが襲来。

レイはファーストオーダーの中でも強力なフォースを持つカイロ・レンに捕まってしまいます。

捕まったレイを救出するため、ハン・ソロやフィンは反乱軍と合流します。

反乱軍にはルークの妹でハン・ソロの元妻となったレイアがいました。

レイを捕らえたカイロ・レンが2人の息子であること、ファーストオーダーは惑星級の兵器スターキラーを可動させようとしていることが判明します。

ハン・ソロやフィンはレイの救出とスターキラーを破壊しに侵入を目指すことに。

一方、捕まったレイはカイロ・レンのフォースの拷問に耐え、自分にもフォースがあることに気付きます。

拷問に耐え、気づいたばかりフォースでストームトルパーを操り拘束室から逃走、救出に来たハン・ソロらと合流に成功します。

息子をダークサイドから取り戻す、とレイアに約束していたハン・ソロは、息子のカイロ・レンの説得に当たり、一度は戻ってきそうな態度を見せますが、ライトセイバーで父のハン・ソロを刺し、ハン・ソロは絶命し、奈落の底に落ちていきました。

怒ったチューバッカは侵入した際に設置した爆弾を起動し、スターキラーのシールドが解除され、ポー率いる部隊がスターキラーの撃破に成功。

外まで逃走していたフィンとレイはカイロ・レンとライトセーバーで戦いを挑み、フィンが切られ、意識を失います。

受け継いだレイはフォースに目覚め、カイロ・レンを殺すまでには至らないまでも、勝利します。

スターキラーは消滅し、反乱軍の基地へと帰還したレイ。

フィンは意識を失ったままですが、レイがライトセーバーを起動した際に、それまで眠っていたR2D2が起動、宇宙地図を表示し、そこにBB-8の地図を重ね合わせ、ついにルークの所在が明らかに。

ルークの元を訪ねたレイは、彼の前に立ち、ライトセーバーを差し出してエンディング。


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド]

世間では賛否両論のようですけど、僕は純粋に楽しめました。

公開前は色々と書かれていましたが、ルークやレイアが登場したときはワクワクしましたし、ハン・ソロやチューバッカはもちろんのこと、C3POやR2D2も従来通り登場しましたし。

レイ役のデイジー・リドリーは時折、パドメを演じたナタリー・ポートマンみたいな表情に見えるこがあったのも個人的に良かったです。

フィン役とカイロ・レン役だけはちょっと馴染めない感じではありますけど 笑。

この2人は何となくスクリーン映えしない感じがするんですよねぇ。

とはいえ、6で終わってしまったと思われたスターウォーズシリーズが、こうして観られることだけも非常にありがたいワケです。

JJエイブラムスは見事にジョージルーカスの世界を引き継いだな、と思うワケです。

気になる続編『スターウォーズ/エピソード8』は2017年12月公開予定なので、あと1年待たねばなりません。

ただ、来週末の12月16日から『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開されます。

これはエピソード3とエピソード4の間のお話で、どうやってデススターの設計図が盗まれたのか、という内容です。

まずは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観て、来年の『スターウォーズ/エピソード8』を楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る