ザ・プレイヤー究極のゲームのあらすじネタバレ感想

theplayer

wowowで放送された『ザ・プレイヤー~究極のゲーム~』全9話を見終えました。

先に言ってしまいますが、このドラマ、完全に途中でブツ切りとなった打ち切りドラマです。

当初は全13話の予定だったそうですが、低視聴率のため完全なブツ切りです。

例えるなら『巨人の星』で星飛雄馬が花形満に大リーグボールを投げて、そのシーンで終了、というような状態です 笑。

wowowも批判が来ることを想定してか、終了後に異例の字幕、『このエピソードをもってアメリカでの放送は終了しました。最後までご覧いただき、ありがとうございました。』の表示が 笑。

個人的にはけっこう楽しんで観ていたドラマだっただけに、残念すぎる終わり方でした。

 

あらすじは、影の賭博組織が世界中の富豪相手に犯罪を対象にギャンブルさせる、というお話。

フィリップ・ウィンチェスター演じる元FBI超優秀捜査官が、元妻だったけどラブラブな交際をしている中、暴漢たちに突如襲撃され元妻が射殺されてしまいます。

容疑者となるも、ウェズリー・スナイプス演じる影の賭博組織リーダーが、影の力で釈放、自身が運営する組織に組み入れます。

世界中の富豪を相手に犯罪を対象としてギャンブルを行い、「プレイヤー」として犯罪を止めたりする担当にする、というワケです。

この組織が、国やあらゆる諜報機関をも凌駕するコンピュータ技術力、セキュリティ突破力を有しており、金髪女性が操作、指示を下しています。

なぜ元妻が殺されたのか、この組織は一体何なのか、ウェズリーも金髪女性も一体何者のか、というのが全編通しての謎となり、各話ごとに犯罪を食い止める、というエピソードで構成されていきます。

過去のプレイヤーは運営者のウェズリー・スナイプスに殺されてきました。

ウェズリー・スナイプスこそ、運営者に上り詰めた伝説のプレイヤーで、格闘技も処世術も全て達人です 笑。

金髪女性はMI6とかイギリス特殊部隊経験者で、最終話でのみ、その格闘術が披露されます 笑。

この2人は敵対しているようでしていないのか、2人で主人公を操っているのか金髪女性だけが彼を救おうとしているのか、結局不明。

元妻は結果的に生きていたんだけど、最終話で彼女が隠していた大量の武器が見つかったものの、理由は不明。

金髪女性は元妻と仲が良かったみたいだけど主人公には言わない理由が不明。

ウェズリー・スナイプスが運営する闇賭博を脅かす存在が現れるものの、正体不明。

などなど、ドラマ的にあらゆる伏線が張り巡らされますが、何一つ解決しないままドラマは終わってしまいます。

スポンサーリンク

ジェットコースタードラマ、とでも言えば良いのでしょうか。

とりあえずフィリップ・ウィンチェスターのアクションシーン、ハイテクを使いこなす金髪女性、ウェズリー・スナイプスの完璧すぎる格闘術など、頭を空っぽにしたままでもそれなりに楽しめるドラマでした。

さらに伏線につぐ伏線が網のように張り巡らされ、一体どうなるねん、と興味をそそられます。

個人的にはけっこう面白おかしく見続けていたのですが、アメリカ本国では受け入れられなかったんですね。

なんというか、『CSI』とか『24』やこの『ザ・プレイヤー』みたいなドラマより、男女関係を伏線としたコメディチックなドラマのほうが人気が高い感じなんでしょうか。

『ザ・プレイヤー~究極のゲーム~』、もしこれから見る人がいるとすれば、謎解き部分は一切無視して、単純にアクションシーンだけ楽しむようにしてくださいね 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る