スキャンダル5のあらすじネタバレ感想

scandal5

アメリカドラマ『スキャンダル5託された秘密』全21話を鑑賞しました。

前シーズン『スキャンダル4』のあらすじネタバレ感想はコチラです。

見続ける海外ドラマで相変わらず一番キライなドラマなんですけど、終わり方を観たいがタメに、観続けてしまうという悪循環なドラマです 笑。


スキャンダル シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

あらすじは、女性フィクサーの活躍と大統領との不倫、父との葛藤などを描いた作品です。

大統領との不倫関係がついに公となってしまい、大統領は会見で、妻と別れて主人公と一緒になると発表してしまいます。

マスコミ発表を嫌っていたのに公にした大統領に嫌気が差し、多くのマスコミに囲まれ、主人公は精神的に参ってしまい、元カレで父がリーダーを務めていた暗殺部隊の元幹部とともに時を過ごすことに。

大統領は妻と正式に離婚しますが、結婚式直前に主人公は大統領と別れることに。

そして怒った妻は次期大統領選の党候補に名乗りを挙げます。

主人公の父を暗殺するため元カレは元カノを工作員として雇うも返り討ちに。

そのせいで主人公は刑務所に収監されたり、収監されてた父を釈放させたり。

大統領は主人公への未練タラタラで、息子を暗殺した犯人を逃したことなどを聞いても、主人公を釈放させホワイトハウスに住まわせることに。

でも半年続かず、主人公はホワイトハウスを後にすることに。

大統領の元妻は党代表選のため主人公を選対の重要ポストとして雇うことに。

また、副大統領の太った女性も党代表選に立候補することに。

首席補佐官だった男は、対立する民主党候補を応援するため、人質立て篭もり事件を自作自演、彼を英雄とさせ出馬させることに成功。

大統領にバレてクビになり、晴れて正式に彼の選対本部長に。

主人公は大統領を脅かす輩をタコ殴りにして殺してしまうも、周囲が全力で揉み消し。

殺人でウツになったと偽って、元カレと父の策略を調査し、元カレを副大統領にすることを聞き出します。

党の代表選は太った副大統領の彼氏で司法長官が裏取引したことが発覚し、彼女は失脚。

元妻が正式に党の大統領候補に。

そして父の暗躍により、元カレが副大統領になることに。

空白となった対立党の副大統領候補には、まさかの、元首席補佐官が名乗りを挙げたのでした。

スポンサーリンク

とにかく目まぐるしい展開で、一話でも見逃すと浦島太郎状態になります 笑。

今シリーズは大統領選挙の党代表選にまつわるエピソードが多かった感じです。

たぶんアメリカの選挙戦になぞらえて放送されていたのでしょう。

前作の感想で「不倫話は不要」と書いていたのですが、今作はかなり減ったので良しとしましょう 笑。

その代わり、司法長官と副大統領と元議員で秘書といった関係や、主人公と元カレとかエピソードは結構豊富です。

まぁ、ドラマと割り切ればそれまでですけど、政治の中枢でホントにこんなことがまかり通ってたら、国民もアホらしくなっちまいますね 笑。

たぶん、おそらく、『スキャンダル6』では大統領選がメインテーマとなることでしょう。

年末ぐらいににはwowowで放送になるのでしょうか。

それなりに楽しみに待とうと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る