ブラインドスポット2タトゥーの女のあらすじネタバレ感想

blindspot

アメリカのドラマ『ブラインドスポット2 タトゥーの女』全22話を見終えました。

前作『ブラインドスポット タトゥーの女』のあらすじネタバレ感想はコチラ

アメリカのドラマらしく、話が中途半端なまま、シーズン2へそのまま続く流れなのでキャストも継続出演です。

記憶喪失でタトゥーだらけの謎の女主人公にジェイミー・アレクサンダー、FBIの現場指揮官役にサリバン・ステイプルトン。


ブラインドスポット<1stシーズン>コンプリートBOX[Blu-ray]

あらすじは、前作からの続きで、全身タトゥーの謎と彼女を送り込んだ組織との対決のお話。

前作の最後、サリバン・ステイプルトンに逮捕されたジェイミー・アレクサンダーはCIAで3ヶ月も拷問にあうも逃走。

事実を知ったNSA極秘部門から中東系女性指揮官がFBIのサリバンのチームの指揮官に赴任。

NSAはジェイミーをFBIに送り込んだとする組織「サンドストーム」を数年前から捜査していました。

逃走した彼女は結局FBIに拘束され、サリバンらチームは拒絶するものの、サンドストームを追うためにまたもチームに編入されます。

サンドストームにスパイとして潜入すると、サンドストームには弟も所属していて、リーダーは母親であることを知ります。

さらにFBI内にサンドストームのスパイがいることも。

そこからは毎話ジェットコースター的に進んでいきます。

そのサリバンを、サンドストームは彼が学生のときから監視対象にしていたこと。

ジェイミーは母親からの誘惑を断ち切って、FBIとしてサンドストーム壊滅を目指すこと。

FBI内カウンセラー医師がスパイで、謎解きとITの女性スペシャリストと交際、仲間に引き入れようとするも断られ、殺そうとするも殺せず。

ITの女性スペシャリストは監禁されたときに盗聴器を埋め込まれFBIの情報が敵に筒抜けだったものの、逆にオトリに使って、最後はスパイだった医師を射殺。

サリバンの部下、黒人捜査官と女性捜査官の、ちょっとした色恋沙汰とか、黒人捜査官が過去の事件のトラウマでドラッグに溺れてチームを離れるもすぐ復帰したり。

で、ジェイミーは弟に自分と同じ記憶喪失になるクスリを打って、FBI側に寝返られそうと、一緒に捜査に連れ出したりするも、結局はクスリを打った姉を恨んで組織に逆戻り。

サリバンは子供が生まれるのに中東系女性捜査官とデキちゃったり、最後はジェイミーとデキちゃったり。

話が進んでいくと、サンドストームの狙いは、第2段階となる計画の実行であることが判明。

アジトにロケットがあったり、タイで放射能を入手したり。

その間も、小さな手がかかりから母親リーダー追い詰めたり、拘束するも逃走されたり。

で、サンドストームはFBI本部を急襲、長官はじめ多くの職員が射殺されるも、サリバンチームの活躍で撃退。

するとサリバンはシークレットサービスに地下秘密基地へ連行され、COGS(コッグス)という、緊急政府機関(というか緊急事態後の政府)のメンバーとして招集されたことを知り、そのCOGS招集こそ、サンドストームの狙いと気付き、銃を奪って脱出。

サンドストームは、FBI本部襲撃を始めとするテロ活動を行ってホワイトハウスに政府要人が集まることを狙い、そこへ宇宙へ飛ばすロケットから無人機を発射、放射能を積載したトラックを爆破させ、核爆弾数機分の大爆発を狙っていました。

しかし寸前のところでサリバンチームが解決。

拘束された母親リーダーは、冒頭でジェイミーが拷問を受けた地下施設で中東系女性指揮官から尋問を受けることに。

逃走したのは弟で、いったいどこへ。

サリバンはジェイミーに愛の告白をして二人の営みに。

2年後。

FBIを離れてしまい二度と戻れない、と言う崖登りするジェイミーのもとへサリバンが駆けつけ、久々に再会し、アツい抱擁。

部下の黒人捜査官と女性捜査官と女性ITスペシャリストの3人を助けるために、君の力が必要、と言うサリバン。

さらに、それまで開かなかった箱が二人で触れると光だして、さらにジェイミーのタトゥーが輝き出してエンディング。

スポンサーリンク

シーズン1のような、タトゥーの謎を1個づつ解いていく、というエピソードはほとんど無く、シーズン2になり、毎エピソードのテンポがやたら早くなりました 笑。

着いていくのが大変です 笑。

振り返ってみるとこのシーズン2、タトゥー女主人公と弟の描写がかなり多い気がします。

個人的には「そのシーンはいらないなぁ」などと思って観ていましたが。

正直、シーズン1ほどのインパクトは無いと思います。

いつも後手後手に回るFBI、いつもサリバン率いるチームだけが最後に残ったり、サリバン・ステイプルトンは女性にやたら手が早いし 笑。

案の定というか、本国アメリカでも『ブラインドスポット シーズン2』は低視聴率で、『ブラインドスポット シーズン3』の製作が危ぶまれた様子ですが、辛うじて製作決定しているとのこと。

wowowも「来年の放送決定」と予告してましたが、アメリカのドラマ事情だけに、「やっぱり中止」みたいなことにならなければいいのですが。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る