リベンジ シーズン2のあらすじネタバレ感想

revenge_s2

アメリカのドラマ『リベンジ』シーズン2全22話を見終えました。

Amazonプライムに加入していると無料で視聴できるドラマです。

主要登場人物では、あまり知っている俳優は少ないんですけど、ちょい役ではけっこう見たことある俳優が登場します。

シーズン4まであるのですが、最後まで見ようと思えるドラマなのか、半信半疑で見始めました。

スポンサーリンク

リベンジ/Revenge シーズン2のあらすじネタバレ

リベンジ シーズン2のあらすじネタバレ感想

アメリカのドラマ『リベンジ』シーズン2全22話を見終えました。

リベンジ/Revenge シーズン1のあらすじネタバレ感想はコチラです。
シーズン1の最後では主人公エミリーの母親が生きていると知り、復讐の相手ヴィクトリアが乗った飛行機が爆発して終わりました。

エミリーはダニエルとの婚約解消後、幼い頃の母の記憶を取り戻し、母が入院していた精神病院廃墟でヴィクトリアが面会に来ていたことを突き止めます。

ヴィクトリアの追悼パーティでシャーロットからヴィクトリアが生きていると聞き、隠れ家へ。

彼女は夫コンラッドに狙われぬよう政府に保護されていました。

コンラッドはヴィクトリアの遺産を継ぐ娘シャーロットを病院に監禁し、遺産の横取りを狙っています。

隠れ家の監視カメラからエミリーが追っていた白髪男とヴィクトリアが繋がっていたことが判明、さらに白髪男にエミリー暗殺を依頼していました。

遺産はコンラッドが横取りし、報酬が払えないヴィクトリアは夫と共謀し、白髪男に暴行されたとして表舞台に。

エミリーを襲った白髪男は、エミリーの秘密訓練施設時代の仲間で元カレのエイダンが射殺。

偽アマンダはジャックとの間に妊娠。

エミリーは「ホントは彼の子ではない」と伝えるも、実際はジャックの子。

ダニエルとシャーロットにヴィクトリアの遺産計画とテロ事件の手帳を見せ、ヴィクトリアとの間に亀裂を作るも、マスコミ向け会見で家族の絆を見せるヴィクトリア。

白髪男はエミリーの母と交際中で、帰宅しない彼を探しヴィクトリアを訪問。

白髪男が殺したと思っていた女が現れ驚くヴィクトリア。

アマンダはヴィクトリアに2階から転落させられたものの無事出産し、正式にプロポーズ。

政略再婚目前のヴィクトリアとコンラッドは、エミリーの策略により白髪男殺害容疑でコンラッドが逮捕。

しかしテロ事件の首謀グループ、アメリコンが現れ、再度協力を求め、釈放。

テロ事件本の作家が再度エミリーたちに接近してきたので、一方で真実を話すも、白髪男殺害容疑で作家を逮捕させることに成功。

白髪男をヴィクトリアが殺したと思ったエミリーの母親は、コンラッド夫妻に銃を向けるもエイダンが救出。

ノーランは会社の美人会計担当にメロメロ。

しかしノーランの会社を買収しようとするダニエルが、創業当時の不明金に気付き、脅し、結局は買収されることに。

そのことでダニエルは、秘書で恋人の裏工作、両親の裏工作などありながらも父コンラッドを追いやりCEOに就任。

新CEOエイダンに近づくアメリコン一味。

コンラッドは息子を関わらせたくないために、CEOにならぬよう抵抗していたのでした。

ヴィクトリアも夫同様、息子のCEO就任に反対し、息子が進める買収に裏工作などで邪魔するも、結局は息子がCEOに。

エミリーは父の事件の担当判事をの失脚工作に成功。

アメリコンはエイダンに妹が生きてると嘘をつき、ヴィクトリア暗殺を狙うもエミリーが阻止。

シャーロットはデビッドは実の父と知り、クラーク姓を名乗ることに。

ヴィクトリアはアマンダが偽物と思いDNA鑑定するも、弁護士がテロ事件当時デビッドの無実を信じていたため、彼が鑑定結果をすり替えに成功。

ジャックがヴィクトリアの刺客に怪我を負わされ、さらにダニエルも巻き込みたくないと、一度は復讐を見直そうとするが、ダニエルはヴィクトリアから「デビッドに暴行されてシャーロットが生まれた」と聞き、やはり復讐続行。

ジャックはアマンダが保管していたビデオを観てデビッドが無実だったことを知りますが、アマンダは作家宅放火容疑で逃走。

さらにジャックはそのビデオの内容をパーティ会場で暴露し、グレイソン一家に大きな亀裂が。

ジャックの酒場を奪いコンラッドとカジノ設立を企んでいた兄弟はジャックを殺そうと二人が乗った船に隠れ、暗殺を実行。

救出に向かったエミリーとノーランは、間に合わず、船が爆破、ジャックは救急搬送、アマンダはエミリーの腕の中で絶命。

エイダンは妹が生きていると嘘をついたアメリコンの女性幹部を殺害し復讐に成功するも、新たな幹部がグレイソン家に現れます。

また、シャーロットはアマンダの里子時代の義理の兄弟をSNSで探し出し、現れたのは黒人男性。

黒人男性はエミリーの姿を見て、すぐに彼女こそアマンダと見抜き、一度はエミリーが彼を遠くへ引き離そうとするも、多くの犯罪歴を隠し持っていた彼はそのままグレイソン家に居座ります。

彼の目的はエミリーと過ごした里子時代の母親に虐待の復讐をすることでした。

そしてエミリーも賛同し彼女の虐待を世に知らしめ、黒人男性は去っていきます。

ノーランがベタ惚れしていた会計担当は、実はアメリコンに父が拘束され、ノーランが開発を辞めたハッキングプログラムのを入手するよう指示されていました。

理由を知ったノーランとエイダンは行動するも彼女まで捕まってしまいます。

グレイソン社にアメリコンをおびき出し、エイダンは彼に会計担当の拘束場所に連行させるも、すでに彼女は死んでおり、エイダンは彼を殺害。

彼女の死を知ったノーランは落胆するも、グレイソン社を守る稀代のハッカー「ファルコン」に打ち勝つことを目指すことに。

ヴィクトリアに隠し子がいたことを知ったエミリーは、中絶したという偽の医療記録も、父に罪をなすりつけた事もファルコンの仕業と知り、ファルコンに接触させます。

ノーランはファルコンに近づき彼女のPCをハッキング。

コンラッド州知事選に出馬し、その会見場でファルコンのPCから情報が流出したこと、ファルコンという世界的有名ハッカーの写真をネットにばら撒くことに成功し、彼女は逮捕。

エイダンは自分の父がテロ事件の爆弾積み込み担当だったと知り、さらにタケダが自分の復讐のコマとしてエミリーを使っており、自分を邪魔者扱いした師匠タケダと揉み合いになり殺害。

エミリーはダニエルから再びプロポーズされ受諾。

婚約パーティ後、ノーランはグレイソンの隠し口座から全財産を移動させグレイソン家は無一文になった瞬間、大停電。

大停電の犯人にされそうなためエイダンはエミリーの進めで国外逃亡に。

エミリーはグレイソン社でタケダが所持していた写真の男を発見。

コンラッドはジャックが自分への復讐を企んでいると知り、彼をグレイソン社へ誘導し、写真の男が仕掛けた爆弾でグレイソン社が爆破。

がれきから発見されたのはジャックではなく弟デクラン。

ジャックは爆発直前、ノーランから逃げるよう連絡されており脱出していました。

コンラッドの企みを知ったジャックはコンラッドへの復讐を決意。

ヴィクトリアは夫コンラッドを問い詰め、アメリコンの正体が恐怖をネタに儲ける実業家グループで、コンラッドもその一員だったことを聞き出します。

爆発に巻き込まれたジャックの弟デクランが死亡。

怒り心頭のジャックは州知事勝利会見中のコンラッドを射殺しようとするもエミリーが自分の正体を明かし、寸前で止めます。

刑務所内のファルコンが、爆発事件の犯人はノーラン、と証言してノーランが逮捕。

さらにビデオ映像には、美人会計担当が、ノーランはアメリコンの一員、との証言VTRを見せられてエンディング。

スポンサーリンク

リベンジ/Revenge シーズン2の感想

シーズン1に引き続き、このシーズン2も非常に面白かったです。

しかし、デクランもアマンダも死んでしまうとはオドロキでした。

アメリカのドラマってけっこう簡単に死なせちゃいますよね。

でも「実は生きていた」的展開もすごく多いんですけど。

このシリーズでは個人的には美人会計担当がお気に入りです 笑。

ただ、彼女も死んだと思っていたのですが、最後のシーンの証言VTRは生前ということなんですかね。

それとも実際はアメリコンとして生きている、ということなんでしょうか。

できればシーズン3でも彼女を見たいのですけど 笑。

『リベンジ/Revenge』シーズン2、前シーズンに負けず劣らず、かなり面白く観ることができました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る