主任警部アランバンクス4のあらすじネタバレ感想

dcibanks4

『主任警部アランバンクス4』全6話をwowowで録画鑑賞しました。

このアラン・バンクスシリーズは、別段それほど楽しみにしている作品ではないのですが、放送されるとついつい観てしまう作品です。

なんというか、刑事ものにしてはアクションもなく『相棒』シリーズみたいな雰囲気といったらいいでしょうか。

とはいえ、『相棒』シリーズをたったの1話すら観たことないんですけど 笑。

今シリーズもこれまで同様、2話で1エピソード、計3つのエピーソードとなります。

1,2話はネイルサロンで働く女性が殺され、妹が売春組織で働いており、救い出そうとしていたことが明らかになっていくストーリーです。

3,4話は弁護士の妻の遺体から、旦那の弁護士が実はゲイで、昔の依頼人に脅されていた、というストーリー。

5,6話は大学生の死体から発展していき、友人の両親が子供かわいさあまりに凶行、というストーリー。

 

今回、シリーズ通じて共通したエピソードは、アラン・バンクスの母が亡くなり、疎遠になっていた父と心を通わせていく、というエピソードです。

さらに、前シリーズで、結ばれそうで結ばれなかった、アラン・バンクスと部下のアニー。

最終話の最後には、父に背中を押され、意を決し、アニーにプロポーズします。

が、1時間前に婚約者からのプロポーズを受け入れ、婚約パーティの途中だった、というオチです。

次期シリーズ以降、さらなる進展はあるのでしょうか。

さらに今シリーズでは、もう1人の女性部下ヘレンも離婚するハメに。

一体どれだけ多くの夫婦が離婚するドラマなんでしょうか 笑。

 

それにしても『アラン・バンクス』シリーズ、格闘シーンやら銃撃シーンがほとんど無い刑事ドラマです。

それでもイギリスでは人気のようで、シーズン5もあるとかないとか。

警察手帳を相手に見せるとき、「主任警部のアラン・バンクスです」と自己紹介するんですが、日本ではまず役職を言わないので、ちょっとユニークではあるところです。

「巡査長の山口です」なんて言わないですよね 笑。

早くても半年後以降となるでしょうが、『アラン・バンクス5』が放送されたあかつきには、楽しみに観たいと考えています。

wowowにはちゃんと放映権を取得してもらわないといけませんね 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る