アイアムアヒーローのあらすじネタバレ感想

iamahero

映画『アイアムアヒーロー』を鑑賞しました。

漫画が原作で、大泉洋が主演、有村架純、長澤まさみなどが出演するゾンビもののホラー映画です。

 

あらすじは、平凡な漫画家アシスタントがゾンビの群れと戦うお話。

大泉洋演じる主人公は15年前に漫画賞の佳作を受賞し、いつか売れっ子になると夢見る平凡なアシスタント。

しかし同棲中の彼女に「夢じゃなくて妄想だろ、現実見ろ」と言われ、愛想を尽かされ部屋を追い出されます。

翌日、彼女からの謝罪電話で部屋に戻るも、ゾンビ化した彼女に襲われ、抵抗するうちに入賞トロフィーが彼女の頭に刺さり、主人公は怖くなって逃げ出します。

そのまま漫画家の仕事場に戻るも、同僚が血だらけのバットを持って立っており、テレビのニュースで謎のウイルスの病気が流行しソンビ化、、噛みつかれると血液感染でゾンビ化するとされ、同僚はゾンビ化した漫画家やアシスタントをバットで殴り殺していました。

しかし噛まれた同僚もゾンビ化が始まり、彼は自分のクビをカッターで切って自殺。

慌てて逃げる主人公。

街中が大パニックでした。

タクシーを捕まえ、逃げてきた有村架純とエリート官僚が同乗し、高速道路で郊外に向かいますが、エリート官僚がゾンビ化、噛まれた運転手もゾンビ化してしまい、大事故を起こし気絶。

気づくと高速道路が大事故で動かなくなっており、富士吉田IC近辺でした。

有村架純がスマホのネット情報で、ソンビのことを「ZQN(ゾキュン)」と呼ぶこと、標高が高い所ではウイルスは死滅すると掲載されており、横に見える富士山を見上げます。

主人公は趣味で猟銃を所有しており、部屋から逃げる際に持ち出していました。

神社の境内で一夜を明かすと、主人公は有村架純の首筋に小さな噛み跡を見つけ、銃を向けます。

噛み跡は、隣の家の赤ちゃんに噛まれた、と言い、もし母乳から感染するなら自分もZQNになる、と。

そして、殺していいよ、と言われますが、ZQNになった時考えよう、といって二人は歩き始めます。

休憩中に彼女が、私を置き去りにして、どうせ撃てないでしょと言うと、ゾンビ化が始まります。

撃てずに逃げ出す主人公ですが、途中、ゾンビに遭遇、噛まれる寸前、有村架純が現れゾンビを一撃で倒し、頭と腕をもぎとります。

手を差し出す彼女に半信半疑で応える主人公。

彼女はすぐに寝てしまい、その後もずっと寝たまま。

スポンサーリンク

何日か彷徨った後、アウトレットモールを見つけ洋服屋で着替えを物色しているとゾンビに見つかりますが、間一髪、長澤まさみに助けられます。

さらにその仲間も現れ、アジトとしている屋上に避難。

ソンビ化した有村架純にバンダナをかけ、彼らにバレないようにする主人公。

多くの非感染者が暮らしており、リーダーは吉沢悠。

吉沢悠は有村架純を人質にとり、主人公のライフル銃を奪い取り、怪力で反抗した有村架純の頭をボウガンで頭を撃ちました。

しかし吉沢悠は直後に裏切った仲間にライフル銃を取り上げられてしまい、地下倉庫の食料調達の先頭を命令されます。

有村架純は矢が脳幹を外れており死んではおらず昏睡状態。

地下倉庫の食料調達に向かうも暗闇でしたが照明がつきます。

食料保管庫に辿り着きますがスピーカーが音楽が流れ始めゾンビが集まってきて襲撃されます。

吉沢悠が監視室で照明や音楽をコントロールしており、反抗した仲間たちに復讐していたのでした。

主人公はロッカーに隠れ難を逃れます。

屋上では陸上選手ゾンビが高跳びで屋上に降り立ち、あっという間に全員ゾンビ化。

長澤まさみは昏睡の有村架純と身を潜め、食糧調達組に無線で救助要請しますが、誰も応答せず。

ロッカーに身を潜めていた主人公は目の前の無線から応援要請聞こえますが、ゾンビが怖くてなかなか出られず。

意を決して飛び出し、無線に応答して屋上に向かい、途中で自分のライフル銃を見つけます。

屋上から有村架純を背負って地下倉庫に向かう長澤まさみは吉沢悠に遭遇。

自分の車で逃げようと誘われますが、セックスしようと言い始め、彼もゾンビ化していきます。

襲われるも、主人公がライフル銃で彼の頭を粉砕し救出。

2人の仲間と合流するも大量のゾンビが。

有村架純は寝ているので、4人がライフル銃、クロスボウ、斧、鉄パイプで応戦。

1人は先程まで仲間だったゾンビたちに食べ始められ、自分もろともゾンビを撃たせて死亡。

1人はかつての奥さんゾンビにかまれ、彼女を刺殺し、自らも頭を撃ち抜いて死亡。

ライフル銃で数多くのゾンビを撃退するも、屋上襲った陸上選手ゾンビが登場。

最後はライフルをバット代わりにして頭を粉砕し、退治終了。

吉沢悠のクルマに乗って、長澤まさみが運転、助手席に寝たまま有村架純、後部座席に主人公。

お互い名を名乗って、外の景色を眺め、画面が明転していきエンディング。


アイアムアヒーロー コミック 1-20巻セット

鑑賞直後の感想は、思いの外、カネかけた映画だったなぁ、と 笑。

多くのクルマが壊れただけでもそれはわかります 笑。

原作漫画をまったく知らずに見たので、エンディングには正直がっかりしましたが、続編があるんですかね?

日本がどうなっていくのか、とか、世界はどうなってるの?とか、有村架純が演じた役は結局何?とか。

中盤ぐらいまでは、大泉洋と有村架純のハッピーエンドかぁ、なんて思ってましたが全く違う展開でした 笑。

ゾンビになると生きてる時に固執していたこと行動になる、とのことでしたが、自分がゾンビになったらどうなってしまうのか、ちょっと想像してみたけど、恥ずかしくて言えません 笑。

『アイアムアヒーロー』、続編あるのかどうかわかりませんが、製作されるようであれば、たぶん見てしまうことになると思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る