マカオのカジノに行ってみた

macau01

昨年、マカオに初めて足を運びました。

理由は単純、一攫千金を狙いに 笑。

基本的に僕はギャンブルをあまりやりません。

若かりし頃はパチスロと競馬にハマったものですが・・・。

現在は有馬記念とダービーを買う程度。

そんな僕でしたが、友人から要らぬ情報を与えられてしまったのです。

「社員旅行でマカオに行ったら、3000円が16万円になった」と。

その友人はギャンブルとは無縁の人生を送ってきたやつ。

「コイツが簡単に勝てるなら俺だって」と火が付いてしまった次第。

そんなわけで、ネットで情報をあさり、航空券とホテルをネットで手配、単身マカオに行くことに。

今思えば、なんと無謀な 笑。

11月初旬、3泊4日の滞在でした。

結果は、、、、、、、、

 

 

あえなく撃沈(泣

 

テーブルゲームはド素人には敷居が高く、最初はスロットばかり。

とはいえ日本のパチスロと違って、スタートボタンを押すだけ。

リールは勝手に止まります。

そのため、飽きる 笑。

 

基本ベット金額と何倍で賭けるか、さらにライン数をいくつまで増やすか、という賭け方なので、20セントマシンと記載があっても、最大4ドルまで賭けられたりします。

日本のパチスロだって3枚賭けでないと当たらないんだから、ラインはMAXベットで。

それが大やけどの始まりでした。

 

結局、大した当たりも引けず大損。

次に挑戦したのはバカラです。

とはいえ実際のテーブルは遠慮して、ライブ中継を見ながら機械で賭けるタイプ。

バカラは基本単純なルール。

右と左のどっちが勝つ?を当てるゲームです。

当たる確率は約50%、当たれば2倍。

ルールは単純だけど、その奥深さにハマってしまうゲームです。

某製紙会社の社長が会社の莫大なカネを注ぎ込んでしまったのも頷けます。

というわけで、ド素人の僕が挑戦しても、やっぱりなかなか増えません。

 

そんなこんなでムダに3泊4日を過ごし、帰国しました。

もちろん有名なセナド広場とか聖ポール天主堂とかモンテの砦などの世界遺産も探索してきました。

大陸からの観光客に辟易しましたが 笑。

帰国後はカジノについてネットで猛勉強。

今回行く前に猛勉強しておけば良かった 笑。

そんなわけで、また翌月、しかもクリスマス直前にマカオに向かうこととなりました。

いざ、リベンジ!


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る