しくじり先生の新庄剛志は残念だった

sikujirisensei

著名人が自身のしくじりを告白して教訓を披露する番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

毎回楽しみに観ている番組のひとつです。

 

今回は『進ぬ!電波少年』の企画『電波少年的東大一直線』で一躍有名になった坂本ちゃんと、元プロ野球選手の新庄剛志がしくじり先生として登場しました。

坂本ちゃんは、言われるがまま家族にお金を渡し、約2000万円ほどに達した頃、家族と絶縁、それから13年もの間、一切連絡を取っていなかったことを告白。

最後は、番組スタッフが坂本ちゃんの実弟にインタビューしたことで、金に困っていた理由、母の現況、兄への思いなどを打ち明け、涙のエンディングとなりました。

 

新庄剛志は番組史上最高となる損失額を発表しました。

現役時代に稼いだ44億円、最終的に手元に残っていたのはたったの2200万円とのこと。

お金を預け管理していた知人が使い込んでしまった、というのが原因です。

 

正直、特に一流のアスリートであれば資産の管理は自分でしないのが当たり前です。

それ故、多くの芸能人やスポーツ選手は一般の人より被害に遭いやすいことは理解できます。

そういう意味では新庄剛志の被害金額の大きさには特に驚きはありませんでした。

スポンサーリンク

これまでも金銭トラブルでしくじった過去を告白した人はいます。

しかし今回の新庄剛志だけは、正直、まったく共感も何もなく、まぁ、自業自得だな、と感じてしまいました。

 

まず見た目からしてチャラ過ぎて、僕が生理的に苦手とするタイプ。

眉毛は無く、書いた状態だし。

「野球はバイト」という発言とか、バリ島に住むためにメールで離婚を切り出すとか、不快感さえ覚えました 笑。

 

そして、何と言っても、喋り方が完全に子供じみていたこと。

たぶん、おそらく、小さい頃に活発だった男の子がそのまま大きくなるとこういう人間性になるのでしょう。

スターに憧れ、スターになって、欲しいモノ手に入れて、やりたいことやって。

 

2200万円と知人から返金された8000万円の合計約1億円で、現在はバリ島生活とのこと。

ちょっと調べたらプール付き豪邸に住んでる、とあったのですが、収入が無い状態で1億円を切り詰めての生活であれば、それほど長くは持たないと考えられます。

まぁ、野球のイベントやこうした番組にスポット出演するだけで、けっこうな収入になるとは思いますが。

 

インタビューでは、またどこかに行きたいと思ったら例えば明日にでもイタリア住んじゃうかも、なんて話してましたけど、それだって先立つものがなければ実現できません。

彼がどこまで真剣にお金に向きあっているのかわかりませんが、それじゃ全然教訓を得てないんじゃない?、と。

ネット情報では清原和博の次にマークされているとして彼の名前が良く出てきますけど、今回の番組を見て、ある意味では納得できてしまう部分もあるのかなぁと。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』新庄剛志編、お金の教訓というより、もう少し大人にならないといけないなという教訓のほうが理解されやすいのでは、と思った次第です。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る