ビートたけしがラッスンゴレライで死後硬直

takeshi86

昨日(4月27日)の『しゃべくり007』のゲストはビートたけしさんでした。

なぜかここ半年ほど観ていなかった番組ですが、たけしさん見たさで視聴。

同じエピソードでも、あの口調でトークされると面白く聴こえる「たけし節」は相変わらず健在でした。

 

「たけしの会いたくない人」のコーナーには、8.6秒バズーカが登場。

以前、TBSの『北野演芸館』に出演したときは、30秒の持ち時間ながらも、一瞬にしてたけしさんがボタンを押して幕を下ろし、「バカ大学の学園祭」と酷評しました。

翌日からはネットでも話題になりました。

今回は8.6秒バズーカがリベンジを果たすべく、登場したわけです。

そんな中、相変わらずの「ラッスンゴレライ」を披露しました。

演じてる間、盛り上がる客席とは対照的に、たけしさんは完全な無表情 笑。

くりーむしちゅーの上田からは「死後硬直みたいだった」と形容されました。

 

やはり「ラッスンゴレライ」ネタは面白くなかった様子です。

でも「バカ大学の学園祭でもウケたらいいじゃねえか」と最もなフォロー。

さらに「隠し芸的にラッスンゴレライをやる方がいい。そうしないと漫才の本来の形を出すのは大変」と将来を見据えた助言をしたのでした。

 

僕は「ラッスンゴレライ」、大嫌いです 笑。

よくオリエンタルラジオを引き合いにされますが、オリラジはリズムの中にもネタがあります。

でもラッスンゴレライはそうではありません。

ムーディー勝山の「右から左」や、ラララライ体操と一緒なんです。

ボケもオチもツッコミも無い。

ただリズムに乗るだけ、という芸が、僕にはお笑いと思えない理由です。

ちなみに、それと同じように「あったかいんだから~」のクマムシ、「ダンソン」のバンビーノなんかも、まったく面白いと思いません。

ナイツとかサンドウィッチマンのほうが、はるかに面白いと思うのは、やっぱりトシなんでしょうか 笑。

 

「たけしの会いたくない人」では、その他に鈴木奈々さんとの絡みが面白かったですね。

逆エビ固めとか上から蹴りまくるのは、最近あまり見ない姿だったのである意味新鮮でした。

鈴木奈々さんも受け方が良かったです 笑。

パンツ丸出しで両手を前に伸ばした状態になり、逆エビ固めを受けてました。

よっぽどお笑いに向いてるな、と思った次第です。

それにしても、たけしさんのオンナにまつわる武勇伝、もっと聞きたかったです 笑。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る