能年玲奈が二重契約で干される危機に

nounenrena

女優の能年玲奈さんが事務所を設立したことで、干されてしまう危機にあるんだとか。

『あまちゃん』で大ブレイクを果たし、一躍「国民的女優」とまで呼ばれた能年玲奈さん。

放送終了後には今後の活動に注目が集まりました。

そこで事務所がとった方針は「出し惜しみ」作戦。

「出し惜しみ」することで、女優としての価値を上げよう、という魂胆だったんですね。

ところが昨年『ホットロード』『海月姫』と2本の映画に主演しましたが、期待していたほどのヒットとはなりませんでした。

 

最近見ないなぁ、と思っていたのですが、実は今年の1月に芸能事務所を設立したことが判明しました。

その会社名は「三毛&カリントウ」と、能年玲奈さんらしいネーミングで、彼女が代表取締役に就任です。

これは日本の芸能事情によれば、完全にアウトな行為となってしまいます。

もし、「二重契約」で現所属事務所のレプロエンタテンメントが訴えた場合、勝訴する見込みはほとんどありません。

仮に、能年玲奈さんが「自分の所属事務所は変わりません」と言ったとしても、業界慣例で「事務所と揉めゴト起こすタレントは起用しない」との暗黙の了解があります。

そうなると、テレビや映画で能年玲奈さんを見ることはできなくなってしまうんですね。

 

バラエティ番組に出演しては「放送事故」とまで言われるほどの天然系キャラです。

そんな能年玲奈さんが1人でこの決断をしたと思えません。

その影には「魅力開発トレーナー」の肩書きを持ち、能年さんに演技指導までしていたという滝沢充子さんという方が控えているんだとか。

二人は手をつないで買い物に行くほどの仲良しです。

 

ここまで聞くと、オセロの中島知子さんを想起してしまいます。

ネットでは「洗脳された」なんて言葉も見かけますが、滝沢充子さんという方がホントはどんな人なのか、がよくわかりません。

『あまちゃん』で同じくブレイクした有村架純さんは対照的にドラマに映画に引っ張りだこな姿を見ると、「出し惜しみ」は失敗だったなぁ、と思うわけです。

結局のところ、日本では俳優の実力よりも事務所の力のほうが優先されることを、能年玲奈さんは理解できていなかったのでしょうね。

毎朝、出勤前や出勤中に『あまちゃん』を見て元気をもらっていた僕としては、とても残念なニュースです。

なんとか穏便に解決できないものでしょうか。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 名無し
    • 2016年 1月 16日

    笑福亭鶴瓶師匠がデンナーシステムズ(マネージャー独立後の個人事務所)と松竹芸能の二重所属なんですけど。何らかのトラブルはあったのかもしれませんが、芸能界にとっては完全にアウトな行為?いいかげんな情報ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る