萩原聖人が国士無双をツモ!以前は大三元も

waremedepon

フジテレビの麻雀番組『THEわれめDEポン』は、いつ頃からか地上波で放送されなくなっていました。

不定期ながら週末の深夜に放送されており、ついつい夜更かしして見ていた記憶があります。

今回、「7年ぶりに地上波放送」ということなので、もう7年も見ていなかったんですね。

その7年ぶりとなる地上波放送で、偉業を成し遂げたのが萩原聖人でした。

なんと国士無双の単騎待ちを、見事ツモったのです。

ただ残念なのは、これが地上波生放送時ではなく、放送開始前の出来事で、ニコニコ動画でナマ中継されていた時間帯だったんですね。

萩原聖人、もってるんだかもってないんだかよくわかりません 笑。

 

メンツは萩原聖人、堺正章、坂上忍、加賀まりこの4人。

ちなみに9年前にも同じメンツで勝負して、萩原聖人は大三元を上がっている経歴を持っています。
一局を前半、中盤、後半と3つに分けると、萩原聖人は前半終わり頃に早くもテンパイ。

最初の配牌自体がよくありまりせんでした。

おそらく配牌時点で国士無双狙いは頭にあったことでしょう。

その後ツモってくる牌もことごとく一九字牌。

国士無双に一直線な流れとなります。

テンパイしてからはイーソー待ち。

中盤戦から後半にかかったそのとき、テレビカメラに牌を見せることもなく、盲牌(指先の感覚だけで牌がわかる)のままツモを宣言したのでした。

 

途中からは皆も萩原聖人が国士無双狙いということはわかっていたはずです。

それでもツモってしまう運と実力に、唖然としたり苦笑いしたり。

堺正章は握手で祝福、坂上忍はボー然とした表情、加賀まりこは苦笑いで役満ツモを祝ったのでした。

ちなみに加賀まりこは親の割れ目という、上がれば天国、上がられると地獄。

この局は悲劇的な結末となってしまい、そりゃあ苦笑いするしかありません 笑。

 

萩原聖人といえば、95年に和久井映見と結婚、99年に長男をもうけましたが2003年に離婚しています。

DVだとか家庭よりギャンブルだとか不倫だとか様々な噂が飛び交いましたが、真相はわかりません。

僕は同世代なので、彼が出演するとついつい応援してました。

最近ではWOWOWのドラマに出演することも多く、俳優として地道に着実に復活というかステップアップしているなあ、と思っていました。

 

今回の国士無双ツモ上がりによって、運気が上昇しているんだか、今回で使い果たしてしまったのかはわかりませんけど、本業の俳優業で目立った活躍ができるといいと思っています。

それにしても『われめDEポン』、次回はまたCS放送らしいんですけど、地上波に復活してくれないものでしょうか。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る