安藤梢の離脱帰国が残念すぎるなでしこジャパン

andokozue

なでしこジャパンが連覇に挑むサッカー女子ワールドカップが開幕しました。

日本は初戦のスイス戦を1-0で勝利し、最低限のノルマをクリアしたように思えます。

純粋なチャレンジャーだった前回大会と違い、今大会はディフェンディングチャンピオンとして、他国からのマークは相当に厳しくなっています。

また、前哨戦となるアルガルベカップでも9位という惨敗といってもいい順位で終えたことから、「日本恐るに足りず」と思われているようです。

現に欧州リーグで活躍する大儀見優季などは、チームメイトの雰囲気などから「日本は舐められている」と言っていました。

巷で言われているように、「暗雲立ち込める」ような初戦の戦いではありました。

でも僕は、逆に、これで良かった、と思っています。

 

澤穂希の交代から押し込まれるようになった日本、この交代策を裏目とみる向きが強いようですが、交代で入った川村優理にワールドカップ本番の雰囲気を体感させ、しかも厳しい戦況での途中交代という困難な状況に対応できた、というのは今後の戦いの大きな収穫となったはずです。

チームのコンディションもこの初戦にピークを持ってくるはずもなく、今後試合をこなすたびに上向きになってくることでしょう。

幸いにも第2戦、第3戦と、相手関係は弱くなっていきます。

決勝トーナメントを見据えた戦い方ができますし、本番はそこから、と言っても過言ではないと思っています。

 

この初戦で一番痛かったのは安藤梢の離脱です。

自分から動いて大儀見優季からパスを呼び込み、相手GKと激突してPKを獲得、主将の宮間あやが決勝点となるPKを決めるも、激突の影響で左足首を骨折し、帰国することになってしまいました。

安藤梢は今年で33歳。

おそらく本人は最後のワールドカップと覚悟を決めていたのではないでしょうか。

以前は「澤穂希の後継者」と言われており、なでしこジャパンにも長く招集され続けていました。

決定力とか爆発力といった「見てわかる」タイプの選手ではありませんが、状況に応じて、求められるプレーを献身的に、しかも安定してこなせる数少ない選手です。

なんというか、頭がイイんですね。

筑波大学から大学院に進学、博士号を取得中ということからもわかります。

インタビューなどでも、他の選手とは一戦を画すような受け答えを見てもわかります。

2009年からはドイツに移籍して、先月ついに欧州制覇を果たしました。

今大会に懸ける思いは並々ならぬものがあったことでしょう。

前回大会のドイツ戦で劇的ゴールを決めた丸山桂里奈との友情もニュースになっていました。

今大会は代表に選ばれなかった丸山桂里奈の分までプレーすると誓った安藤梢。

しかし初戦で骨折。

すぐに親友の丸山桂里奈に骨折の連絡と、丸山桂里奈の分は何もしてない、丸山桂里奈の悔しさをまだぶつけてない、と無念さを滲ませたメールを送りました。

実は僕、安藤梢の中学生時代にサッカーボールを一緒に蹴ったことがあります。

もちろん彼女は僕のことなど全く覚えてないでしょうけど 笑。

それだけに彼女の活躍を見るのはとても楽しみでした。

しかし今回は非情な、無情な離脱帰国となってしまいました。

本人が一番悔しいだろうと思います。

残されたなでしこメンバーは、彼女の働きと無念を晴らすためにも、一層がんばってほしいと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る