ハリルホジッチの経歴と評判とエピソード

サッカー日本代表監督にボスニア出身のバヒド・ハリルホジッチが決定のようですね。

旧ユーゴスラビアのボスニア出身ということで、日本サッカー協会はオシムにも意見を聞いたのだとか。

日本ではあまり馴染みの無い人物ですが、監督業としての栄光は輝かしいものであります。

97年からモロッコのクラブチームを2連覇、アフリカ王者にまで導きます。

次に指揮を取ったフランス2部のチームを優勝で昇格。

翌年、昇格1年目でフランスリーグ3位となり、年間最優秀監督に選出されました。

その後、パリ・サンジェルマンを率いたり、トルコリーグ、サウジアラビアリーグの監督を歴任。

2008年からはコートジボワールの代表監督に就任。

2010年南アフリカワールドカップを前に解任となります。

同年、クロアチアのディナモ・ザグレブを指揮しリーグ優勝。

2011年、アルジェリア代表監督に就任。

すると2014年のブラジルワールドカップで初のベスト16に進出したのでした。

決勝トーナメント1回戦では優勝したドイツと対戦、延長線までもつれ込みました。

その後トルコリーグで監督を務めましたが解任となり、現在はフリーのハリルホジッチだったのです。

 

ハリルホジッチ、色んなエピソードを持つ人物です。

92年のボスニア紛争では自宅前で銃撃戦が。

そのときすでに名門チームの監督をしていたハリルホジッチは仲裁に入りました。

「戦争になったら、みんなが敗者だ!」と叫びながら銃撃戦の真ん中に飛び込んだのです。

ところが銃撃戦は終わらず、あろうことか銃弾が命中、重傷を負ったのでした。

入院中、インタビューで戦争反対を訴えましたが、民族主義者から脅迫を受けることに。

その後、フランスに身を寄せましたが、自宅を焼き払われることとなったのです。

 

ディナモ・ザグレブの監督時代に住んでいたマンションの大家が、なんとあのミルコ・クロコップでした。

 

早くも「ハリルジャパン」なんて言われてますが、彼の愛称は「ヴァハ」なので「ヴァハジャパン」にしよう、という声もあります。

ちなみに南アフリカ大会のテーマソング「WAKA WAKA」の替え歌、「Vaha Vaha」が存在するそうです。

 

とにかく規律と礼儀を重んじ、特別待遇はしないという指導方針。

それ故、歴任したチームでは経営陣や選手とソリが合わず解任されたという、いわば頑固者です。

まあ、旧ユーゴスラビアの人たちって、だいたいそんな感じ気質ですよね。

日本代表では本田圭佑とうまくやっていけるか、が見ものです。

 

色んなフォーメーションや選手を自在に組み合わせるので、基本布陣を持っていないという特長があります。

ひょっとすると、あっと驚く代表起用の選手があるかもしれません。

ハリルホジッチの代表チーム、期待しましょう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る