ドイツ敗退とメキシコサポーターと

グループF組の最終戦。

ドイツvs韓国、メキシコvsスウェーデン戦が同時キックオフ。

この時点でメキシコが勝ち点6で首位、スウェーデンが勝ち点3で2位、ドイツは勝ち点1。

大方の予想では、ドイツが韓国に負けるわけない、との見方から、ドイツの勝ち点4は固く、スウェーデンはメキシコに勝たねばならないゲームでした。

スポンサーリンク

前半はどちらの試合も無得点のまま。

メキシコvsスウェーデン戦のほうが、かなり激しい試合になっていました。

勝たねばならないスウェーデンと、どうにかその攻撃をかわそうとするメキシコ。

ドイツvsスウェーデンは、完全に守りに入った韓国をなかなか崩せないドイツ。

とはいえ、ドイツからは「いつでも点取れる」と考えているような空気感を感じます。

後半に入ってすぐ、スウェーデンが先制点。

この時点では得失点差で、まだメキシコが首位通過、スウェーデンは2位のまま。

しかし17分に追加点を挙げ、ついにスウェーデンが逆転首位に。

一方のドイツ、ボールを持てどもゴールを揺らすまでに至らず。

攻撃がとにかく「遅い」と感じます。

速いクロスでもなく、ドリブルで切り込むでもなく、PAの韓国の守備ブロックの周りでゆっくりボールを回し、ふわっとしたクロスを入れて跳ね返されるというパターン。

そろそろ本気出さないとヤバイんじゃないか、と思い始めます。

すると30分、スウェーデンが首位通過決定的となる3点目。

会場を埋め尽くすメキシコサポーターは静まり返り、涙する人まで。

それもそのはず、ドイツが1-0でも勝利すれば、メキシコは一転してグループリーグ敗退となるから。

まさかドイツが負けるとは、この時点でも多くの人が予想していなかったはず。

そしてロスタイム。

この大会、やたらロスタイムに試合が動くので、ドイツはスウェーデン戦よろしく、再度ロスタイムに劇的弾でもあるのかなぁと思ったそのとき、韓国に先制されてしまいます。

VARで確認され、オフサイドは認められず、まさかの韓国先制。

沈むドイツサポーター。

そして、別会場のメキシコサポーターは狂喜乱舞。

結局ドイツはさらに失点し、0-2でグループ最下位となって敗退。

スポンサーリンク

すごいドラマでした。

観ているほうとしては、ドイツの大量得点勝利を想像して観戦していたので。

なんというか「いつでも点取れるぜ」みたいな緩い攻撃が、結局そのままスイッチが入らず、気づけば時間だけが経過していた、という感じでしょうか。

慢心といえば慢心かもしれませんが、まさに「それがサッカー」。

一方のメキシコサポーター。

3点目を奪われてからは、この世の終わり、みたいに沈んだ空気だったものの、スマホでドイツ戦の経過を知って、喜び爆発。

ホント、色んな意味で見応えある最終戦でした。

ドイツ、思えば大会前にレーヴ監督が次の2022年まで契約延長、と聞いてから何となくイヤな感じはしたんですけど。

さらに、ここ2大会連続で、優勝国が次の大会ではGL敗退、が続いていたので気にはなっていたけど、まさかドイツが。

ブラジル、アルゼンチンは苦しみながらも決勝トーナメント進出を決めただけに、ドイツは残念だったなぁ、と。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る