ロシアが開幕直前のリオ五輪に出場できるって

ドーピング問題で揺れに揺れたロシアのリオ五輪出場問題。

結果的にはIOC(国際オリンピック委員会)が「玉虫色」の判断をしたことで、余計に混乱を招いていますね。

数日前にCAS(スポーツ仲裁裁判所)が「ロシアの陸上選手は出場資格なし」の裁定をしました。

もともと原告はロシア陸連だったので、陸上選手という限定的な裁定になったわけです。

ただ、この裁定によって、ロシアの選手はリオ五輪に全員出場できない、という解釈にもなりました。

結局のところ、ロシア国内の色んな連盟が「うちはシロです」と言い張っても、国主導でドーピング隠しをしていたので、検査内容も検査結果も何も信用できない、ということです。

そのため、ロシアの選手は全員が国にドーピング隠しされていた、だからロシアは全員出場できない、と考えられたわけです。

 

ところがIOC(国際オリンピック委員会)は「陸上選手は出場ダメだけど、他の競技は条件付きで出場OK」という判断を、五輪開幕一週間前に発表したわけです。

しかも、その条件というのが「国外の信頼できる検査で問題がないこと」「過去に一度もドーピングで処分を受けていないこと」など。

 

一週間前なのに「信頼のおける検査」なんて到底できるわけもなく、「過去一度も未処分」なんてそもそも国が隠ししていたのに見つかるわけないじゃん、というのが世界中がIOCをこきおろす理由になっています。

ロシアが出場できないというウワサで繰り上げ出場を目論んでいた国も「寝耳に水」のIOC判断でした。

ドーピングの検査内容をすり替えたり、検査結果を書き換えられていたら、それはもはやドーピング検査をしていないことと同じです。

それなのにIOCはワケのわかならい判断を下しました。

 

もちろん世の中に色んな人の色んな意見が挙がっていて、「選手は悪くないからクリーンな選手は出場すべき」といった声もあります。

が、ホントにクリーンかどうかはリオ五輪が終了しないと検査結果が出ません。

グレーな状態の選手が参加して、ましてやメダル獲得したところで疑惑の目が光りまくっている状況の中です。

トーナメントで早々と疑惑のロシア選手に負けたならば、五輪終了後に繰り上がってもメダルには関係ありません。

 

日本人にありがちな、汗と涙と努力で培われた五輪出場、などというお涙頂戴のアマチュア精神は、実はロシアではほとんど通用しません。

「スポーツは科学の結晶」「国の威信」「メダル獲得は一生安泰」だからです。

 

そんなわけで僕はロシア選手の参加には反対です。

 

リオ五輪、開幕まで約一週間ですけど、政治不安、ジカ熱不安、それによる有力選手の辞退、そして今回のロシア問題と、ホント開幕できるのか、開幕しても大丈夫なのか、事件事故に巻き込まれたりしないのか、と不安だらけの大会です。

日本も時差のせいで多くの競技は深夜早朝から仕事の時間にかかってしまいます。

不安が先に立つ楽しみの気持ちですけど、リオ五輪、テレビ中継を楽しみたいものです。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る