早田功駿を有吉反省会で観たらヒドすぎる騎手だった

『有吉反省会』をなんとなく観てしまいました。

この日の反省人は大井競馬所属の早田功駿騎手でした。

その反省内容は「チャラすぎることを反省」というものでした。

 

僕からすると全然カッコよくないと思うんですけど、イケメンジョッキーで人気なんだとか。

騎手をしている写真を見ると、腫れぼったい目と細い眉毛がどことなく中村獅童に似ていなくもないんですけど、見方によってはけっこうなおっさん顔に見えたりします。

で、この早田功駿騎手、お父さんも同じ大井競馬所属の騎手です。

そのお父さんの教育が悪いのか、はたまた後天的にチャラいことを覚えたのか、社会人にとってあるまじき行動を繰り返しています。

お父さんと同年代の大先輩騎手に向かってタメ口だったり、飲み過ぎての調教の遅刻も頻繁らしいです。

放送のときには調教に2時間半も遅刻し、挙句、謝罪はおろか、開き直りのチャラさを発揮していました。

 

25歳で妻子持ちだそうですが、キャバクラに行けばエロトーク全開で盛り上がり。

「調教しちゃうよ」「キミにゲートインしようかな」などなど。

過去の女性遍歴は芸能人やらタレントだけでも20人以上とのこと。

実際にちゃんと付き合ったのは数名で、そのほとんど、というか20名が記載された『隠しフリップ』以外にも一夜限りの相手がいたのだとか。
ここまででももうお腹いっぱいなんですけど、チャラさの悪ノリは続きました。

「ジョッキーだから腰の動きに自信アリ」と、腰振りの強さをアピールし始め、有吉弘行相手に腰振りの実演まで始めたのでした。

 

正直、僕はこういう輩が大っ嫌いです。

見ていて気分が悪くなりました。

「だったら見るなよ」と自分で思ったくらいです。

 

礼儀を知らず、常習の遅刻という社会マナーは守れず、テレビが恥ずかしげもなく腰を振る羞恥心も無い。

おそらく、騎手だった父の威光があっての大先輩へのタメ口。

言いたくないですけど「最近の若者は・・・」と思いたくもなります。

人一倍とはいかないまでも、人並みの努力は職業上ゼッタイにしなくてはいけません。

それを何事も無かったように2時間半も遅刻するなんて。

 

一時期僕も競馬にハマったことがあり、大井競馬など南関東競馬も馬券を購入したこともあります。

当時はまだ早田功駿騎手がデビュー前の時期でしたが。

もし、南関東競馬の馬券を購入する機会があれば、早田功駿騎手は真っ先に消去しますね 笑。

大井競馬といえば、御神本訓史騎手が女性スキャンダルでクビになったという悲報があったばかりなのに、またも新たな火種とならなきゃいんですけど。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る