3.11東日本大震災の義援金募金活動の思い出

bokinshirt

3.11東日本大震災を受け、3月27日(日)に募金活動を実施しました。

プロスポーツチームとタイアップして行われた募金活動には、プロスポーツチームの選手も一緒に募金を呼びかけました。

 

僕が配属されたのは県北方面、田舎の大型ショッピングセンターでした。

当初は出入口の外側で活動していたのですが、雪がチラチラする寒さ。

ショッピングセンターの担当の方が気を遣って頂き、屋内で活動できることに。

人生初の募金活動です。

 

様々な人間模様を垣間見ることができました。

子供が「ママ、募金しよう、募金したい」と懇願しても「そんなのいいの!」と無視する高級ブランドに身を包んだ金持ちそうな若いお母さん。

なんとなくですが、ちょっと金持ち風な感じの、特に女性が、見て見ぬふりが多かったように思います。

一方で、決して身なりの良くない脚の悪いお婆ちゃんなどは「ご苦労様です」と言って震える手で募金箱にお金を入れてくれました。

さらに、小学校低学年と思われる5~6人の子どもたちは、一旦家に戻って、なけなしの貯金を持ってきてくれました。

特に印象深かったのが、突然一万円を募金してくれようとした40代のお母さん。

正直、そんな大金は期待していませんし、心苦しいという思いにもなりました。

「いえいえ、お気持ちだけで結構ですから」と僕が言うと、そのお母さんは「親戚が津波で家を流されたけど、何もできないから、これをお役立てください」と涙を流しながら募金してくださいました。

頂く僕も涙を堪えながら「ありがとうございます。しっかり役立てます」と返答するのが精一杯でした。

今思い出しながらこれを書いていても、涙が出てきてしまいます。

 

朝10時から15時までの5時間。

全県域で行われた募金活動とチャリティオークションの総額は約635万円。

翌日、日本赤十字社に寄付されました。

本当に役立たてられていることを願うばかりです。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る