斬撃-ZANGEKI-のあらすじネタバレと感想

againstthedark

スティーブン・セガールもの。

ちなみに原題は『AGAINST THE DARK』で、『闇に対して』みたいな感じでしょうか。
珍しく舞台設定がセガールものと違ってます。

吸血ゾンビを相手に病院の中で格闘しながら、病院から抜け出す、という設定です。

まるでバイオハザード 笑。

 

辺り一帯ゾンビだらけの中、病院の中に隠れている一般人の数名。

でも病院の中にもゾンビが沢山潜んでいます。

一般人たちはその中の1人の子供のため、薬を調達する必要があります。

セガールおじさんはゾンビハンターの長。

軍と連携し、一般人たちを基地に案内するという役。

爆撃によりゾンビ達を一掃するため、一般人たちを基地まで逃さねばなりません。

病院内を捜索するゾンビハンターは一般人数名たちと合流。

でも、なかなか出口に辿りつけません。

一般人もゾンビハンターの仲間も、次々とゾンビに襲われ段々と少なくなっていきます。

軍はゾンビハンターと連絡が取れなくなり、やむなく爆撃を決行することに。

セガールたちはゾンビを振り切り、無事に病院を脱出し、爆撃から生き延びることはできるのか、というストーリー。

 

もちろん結果的には助かります。

セガールクオリティです 笑。

 

残念な点が多い映画、観ていく中で、刀を自在に操るセガールがバッタバッタとゾンビを斬っていくのかと思いきや、そういう見せ場はあまりありません。

というか、指示するだけであまり格闘シーンもなく、部下たちだけががんばっている感じ。

セガール自体があまり役に乗り切れてないというか、面白くなさそうな感じです。

ちょっと間違えればB級映画に属されます。

いかにも低予算っぽいところも目立ちます。

ゾンビ映画には必須な、美人さんもいません 笑。

そんなわけで、どうせセガールものを観るなら、別の映画を観たほうが良いと思います。

ちょっと残念な映画でした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る