華麗なるリベンジのあらすじネタバレ感想

kareinaruribenji

韓国映画『華麗なるリベンジ』を鑑賞しました。

主演はファン・ジョンミン、相棒役にカン・ドンウォン。

韓国の俳優はほとんど名前を知らないのですが、この映画も、何かで見たことあるようなないような、という俳優陣でした。

韓国は大嫌いですけど韓国映画はそこそこ見てしまいます 笑。

「痛快バディ」な物語、という触れ込みですが果たして。


華麗なるリベンジ スペシャル・コレクターズ版 [Blu-ray]
 

華麗なるリベンジのあらすじネタバレ

あらすじは、騙されて収監された検事が詐欺師とコンビで悪の権力に立ち向かうお話。

主人公ファンは検事は正義感の強さから、すぐに容疑者に手を上げてしまう熱血検事。

渡り鳥の飛来地を破壊してリゾート地にしようとする業者に反対し、環境保護団体が警察と衝突し警官が重体になる事件が。

その団体にはカン・ドンウォンの姿。

警官を殴打した容疑者を捕まえ、積極的に背後関係を調べようとするファン検事に、上司のイ・ソンミンは別の検事に担当させるよう命令。

しかし無視して徹夜で取り調べるファン検事でしたが、仮眠を取り終えると容疑者が取調室で死んでいました。

過度な取り調べで容疑者死亡ということでマスコミも大騒ぎ、ファン検事は逮捕。

無罪を主張するも上司イ・ソンミンは、無罪の証拠が無いからとりあえず容疑を認め情状酌量で減刑させると約束するも、その約束は果たされず懲役15年。

収監直後は自分が投獄した囚人達にリンチされる日々。

ある日、刑務官たちの法手続きに助言したところから、刑務所内で一目置かれる立場に。

5年後、囚人達から先生と呼ばれる存在に。

そこにイケメン詐欺師カン・ドンウォンも投獄されてきます。

ある日、カン・ドンウォンは口走ったセリフが、取調室で死亡した容疑者と同じセリフだったことから、詳しく事情を聞き出すことに。

すると、環境保護団体員になりすまし、警察に暴力を振るうようリゾート会社から命令されていたことを知ります。

その頃、上司イ・ソンミンは議員に立候補。

ファンはリゾート会社とイ・ソンミンの繋がりを知り、復讐を企てます。

まずカン・ドンウォンを持ち前の法務能力で出所させ、レコーダーを使って関係者の声を入手。

その録音データを再審請求書に添付するも、敵方が知ることとなり、カン・ドンウォンは恐れて逃走。

しかしファンの仲間に捕まり、あえなく再び協力することに。

イ・ソンミン選挙陣営で運動員になったり、その娘と一夜を共にし裏金リストを入手したり。

そして地方の検事に成りすまし、イ・ソンミン直属の部下だった検事の部屋で、イ・ソンミンの召喚状に偽サイン。

これでついにイ・ソンミンはファンの再審の法廷に出廷することに。

裁判当日。

ファンは移送前に信頼していた囚人仲間に刺されてしまいます。

彼はイ・ソンミン陣営に脅され、買収されたのでした。

延期決定の直前、ファンは裁判所に現れます。

そして数々の証拠をあげ、容疑者殺害は自分でなく、イ・ソンミンであったことを立証していきます。

殺害現場の取調室に無かった喘息用呼吸器を「これが証拠だ」と見せると、「それは本物なわけない」とイ・ソンミン。

「本物でないとナゼ断言できるのか」と問い詰め、証拠の音声データを再生すると、川に投げ捨てた、という証言が。

これらの証拠を集めたのも傍聴席に座るカン・ドンウォンの功績。

イ・ソンミンの有罪が確定し、往生際悪くバタつくイ・ソンミンですが警備に取り押さえられ、ファンは無罪を勝ち取ります。

出所したファンにカンが寄ってきて、二人が組めばどんな悪いことでもできる、と語りかけますが、通帳を取り出し聖書の番号を言って笑い飛ばすファンでエンディング。

スポンサーリンク

華麗なるリベンジの感想

かなりノリが良い映画でした。

いわば「ザ・娯楽映画」みたいな感じです。

それゆえ、けっこうツッコミどころ満載なんですけど、全体のリズム感みたいなほうが上回っているので、非常に見やすい映画でした。

韓国映画って美男美女ばかりなのが個人的に好まない部分ですけど、この映画はほとんど美男美女でない、というのが好感度アップです 笑。

2回ぐらい聖書の何章何節、というのがキーワードで出てくるんですけど、そこの深い意味がわかりにくいというのが難点でしょうか。

『華麗なるリベンジ』、頭をカラッポにした状態で見ても、けっこう楽しめる映画だと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る