GRIMM/グリム シーズン1のあらすじネタバレ感想

grimmseason1

アメリカのドラマ『GRIMM/グリム』シーズン1、全22話を鑑賞しました。

2011年から始まった放送は第4シーズンまで500万人ぐらいの視聴者だったのに、シーズン5に突入したら3~4万人に激減し、今年の第6シーズンを持って終了したドラマです。

個人的にはグリム童話ってそれ程興味無い物語だったので、期待せずに観始めてみました。


GRIMM/グリム シーズン1 バリューパック [DVD]
 

GRIMM/グリム シーズン1のあらすじネタバレ

あらすじは、人間界に潜む魔物たちを退治するお話。

主人公のニックはフツーの刑事だったものの、ある日、育ての親である叔母からグリム一族の末裔であることを知らされます。

すると叔母は魔物に襲われ死亡。

半信半疑のまま叔母の残した代々の書物や道具などが保管してあるトレーラーハウスを引き継ぐことに。

グリム一族は、人間界に人間に化けて潜んでいる魔物たちを見抜く能力があり、「犯罪の裏に魔物あり」という感じで話しは進んでいきます。

初回で犯人魔物と疑われた、 サイラス・ウィアー・ミッチェル演じるモンローは、次第にニックと打ち解け、仲間として事件解決に手を貸すように。

物語途中からは、同じ魔物界の女性に恋してしまう、作品中では一二を争うひょうきん者。

ニックの上司である警部は、裏で魔物界と繋がっているものの、善か悪かは今シリーズではわからずじまい。

相棒のハンクはシリーズ終盤に魔物を実際に見てしまい、うなされるように。

たぶん、ニックが魔物界のことを打ち明けるのも時間の問題。

ニック婚約者のジュリエットは、何かを秘密を抱えるようになったニックに、結婚は時期尚早と言い出すも、最終回でニックが秘密を打ち明けた途端、魔物によって昏睡状態に。

その最終回では、ニックは両親殺しの犯人魔物と対峙し互角の勝負に。

そのとき現れたのが母親。

あっさり魔物を倒して、「ニッキー、私よ」「母さん?」となってエンディング。

スポンサーリンク

GRIMM/グリム シーズン1の感想

えーっと、もう少し『グリム童話』寄りというか、シンデレラと白雪姫とか赤ずきんとかにちなんだお話だと勝手に想像していましたが、全然違ってました 笑。

というか僕の知っている『グリム童話』との絡みは、ほぼありませんでした。

このシーズン1、丸っきりシーズン2以降の伏線ですね。

アメリカのドラマあるある、です 笑。

完全にブッタ斬りな最終回でした。

個人的には一話完結ごとのエピソードはそれほど興味なくて、全編通しての警部や母親、美人魔物との戦いの行方が気になります。

てことで、『GRIMM/グリム』シーズン2以降も、視聴を続けていこうと思います。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る