ワイルドスワンのあらすじネタバレと感想

タイトルからは何となくバレリーナ物語を印象させます。

ナタリー・ポートマンの『ブラックスワン』の影響ですね 笑。

そして、その期待(?)通り、一応はバレエダンサーが主人公です。

でも、原題は『Assassins Run』と、全く違ったタイトルですけど。

 

あらすじは、クリスチャン・スレーター演じるアメリカ人実業家マイケルが、5億ドルの証券をめぐってロシアンマフィアに殺害され、主人公である妻も罠によって投獄され、さらに愛娘まで人質に取られてしまう、というストーリー。

この女主人公こそ、バレエダンサーだったのです 笑。

幸せな家庭を破壊され、刑務所では壮絶で理不尽なイジメに遭うも、脱獄に成功してしまいます。

華麗なバレエ(?)拳法でイジメ軍団を一掃しますが、よくある話で、もちろん余計に恨みを買ってしまいます。

脱獄するつもりはなかったのですが、イジメ軍団からの自殺偽装作戦で救急車で搬送、途中で目が覚め救急隊員もバレエ拳法で叩きのめし、結果的に脱獄となります。

ちなみにこの救急隊員も悪い連中で、気を失っている彼女を襲おうとしていたんですね。

殺された旦那は、いかにもアメリカ成金野郎という印象で、製作のロシア側の意向なのか、不幸なことだらけの女主人公が逆境に立ち向かう、という姿を描きたかったのかよくわかりません。

娘を救うべくロシアからアメリカに渡り、最終的にはもちろんハッピーエンド。

 

不思議なのは、クリスチャン・スレーターが主演扱いなんですね。

成金野郎というイヤな役で、すぐ死んじゃうんですが。

エンドクレジットの最初に名前が出てくるのが、非常に違和感がありました。
真の主役はバレエ拳法を披露したソフィア・スカヤです。

バレエダンサー出身らしく、体の柔らかさはホンモノでした。

でも、どう考えてもバレエのくるくる回る蹴りで、マフィアの男どもがやられてしまうというのはムリがあるかと 笑。

バレエの実力はあるんでしょうけど、いかんせん画面映えしないのが残念なところでしょうか。

調べてみても、他の出演作が見当たらないようですし。

それこそ『ブラックスワン』の端役でも演じられれば、違った女優人生が送れたかもしれません。

でも、ホントに残念なのは演者ではなく、監督と脚本でしょう。

どうせならもっと思い切ってB級映画に仕上げちゃえば良かったのに、と感じた次第です。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る