フランスvsオーストラリア戦の感想

個人的優勝候補No1のフランス、アジアではいつも日本の壁として立ちはかるオーストラリア。

フランスが「どう勝つのか」に注目した試合です。

 

互いに4-3-2-1というフォーメション。

試合開始からフランスが支配し、オーストラリアは守備的に戦わざるを得ない状況。

それでも最後に体を張って、失点だけは防ぐオーストラリア。

正直、フランスがいつ得点するのか、という感じ。

それでも前半は0-0で折り返し。

後半10分、抜け出したフランスのグリーズマンがPA内で倒されPK。

今大会初のビデオアシスタントレフェリーを活用して、PKの認定。

このPKをきっちり決めてフランス先制。

ただ、スローVTR見ても、ファウルのような、違うような。

まぁ、プロの審判たちがファウルと判定したのだから、従うほかありません。

しかしその6分後、今度はオーストラリアがPKをゲット。

フランスのユムティティが、入ってきたクロスボールを手で触ってしまうお粗末な理由。

オーストラリアは難なくPKを決め、同点。

まぁ、フランスのPKが微妙な感じだったので、致し方ないかなぁ、と。

同点になったのでオーストラリアは守備的になるのかと思いきや、攻勢に。

しかし後半35分、フランスのポグバが放ったシュートはクロスバーに当たり地面に落下。

ここでもVAR発動し、ゴールラインを割った、との判定でフランスが2-1と突き放しに成功。

結局そのままフランスが逃げ切り、勝ち点3をゲット。

今大会初めてVARが活用された試合、しかも2度も。

まぁ、大きな誤審を防げるので、個人的には賛成です。

昨日の3試合は後半40分過ぎから劇的なゴールが生まれていたので、この試合もオーストラリアが追いつくんじゃないか、とハラハラしてみていました。

今日のコンディションは決して良いとは思えず、今後日数を重ねるにつれ、コンディションもコンビネーションも向上していくことを切に願っています。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る