韓国軍がベトナムに慰安所を設置していた新事実

朝日新聞の捏造により、旧日本軍が慰安婦を強制連行していたとの韓国からの「言いがかり」に関して、新事実が発覚しました。

それは、韓国軍がベトナムに慰安所を設置していた、というものです。

 

ベトナム戦争時にアメリカ軍司令部から韓国軍の将軍に送られた書簡が、アメリカ国立公文書記録管理局で発見されました。

その書簡は韓国兵が起こした経済事件について書かれており、その中に「この施設は、韓国軍による、韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)である」との記載が。

 

この書簡を発見したのはTBSワシントン支局長です。

素晴らしい働きに感謝です。

 

韓国は日本に対して「20万人を強制連行し性奴隷にした」とありもしなかったことで責め立て、世界中にウソを言いふらしています。

アメリカには慰安婦像なるものを次々と建て、「自分たちは被害者、加害者は日本」を猛アピールしています。

実際は強制連行の事実などなく、悪徳朝鮮人ブローカーが、儲かるからとの理由でどんどん女性を集めていたのです。

旧日本軍は、悪徳業者を取り締まるように、と通達しました。

ところが戦後、朝日新聞がその通達を「旧日本軍が関与」とでっちあげ報道したことが始まりです。
ちなみに、ベトナム戦争当時は、現在の朴槿恵大統領の父である朴正煕が大統領を務めていました。

 

ベトナム戦争時の韓国軍は民間女性を襲いなくり、その後ライダイハンと呼ばれる「父なき子」が問題となりました。

正確な人数は把握できておらず、1万人とも3万人とも言われています。

また、数人で民間女性を襲ったあとは、生きたままバラバラに切断するなど残虐非道な振る舞いをしていました。

ちなみに現在でも韓国が群を抜いて「レイプ犯罪率世界一位」なんです。
今回の件で韓国はどう出てくるのでしょうか。

でも、たぶん、「書簡はでっちあげ」とか「日本の陰謀」とか、「日本はそれよりもヒドイことをした」と、論理のすり替えや更なるなすりつけをしてくるのでしょうね。

というか、今回の件は週刊文春のスクープ記事なんですが、TBS本体が一切触れないのはどういうことなんでしょう。

マスコミ各社は大々的に報じるべきだと思うのですが。

テレビ朝日はともかく、産経新聞とかNHKの籾井会長なんて、喜んで報道する内容なはずなのに。

この辺りが「真実を報道しないマスゴミ」なんて言われる大きな理由なんでしょうね。

ちょっとだけ溜飲を下げることができた良きニュースです。

手始めにアメリカに建てられた慰安婦像をベトナム人女性の顔に変更し、韓国の非道をアピールするよう作り変える、なんてのはどうでしょうか。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る