モロッコvsイラン戦の感想

モロッコのサッカーを見るのって、たぶん初めてかなぁ。

下馬評ではユベントスのDFベナティアを中心に、予選では無失点で勝ち上がったチームとのこと。

一方のイラン、ロシアを除いて世界で一番早くW杯出場を決めた、日本よりも強いアジアNo1の国で、こちらも予選10試合中9試合を零封の鉄壁守備。

同じグループにスペインとポルトガルがいるので、互いに「勝ち」しか見えていないはずで、盾と盾同士、激しい戦いが予想されます。

スポンサーリンク

前半、試合開始直後からモロッコが猛攻。

互いに予想を裏切る4-1-4-1のフォーメション。

つか、野人岡野が解説してて、なんか違和感 笑。

昨日のサウジに引き続いての大惨敗だけは、アジア枠を考慮したら勘弁してほしいところ。

20分ぐらいに初めてのカウンターが炸裂して、ようやくゴール前まで迫ったイランは、そこから押し気味になりペースを掴む。

イランもモロッコも女性サポーターに美人が多い 笑。

30分を過ぎるころには、モロッコのスピードにようやく慣れてきたイラン。

もうどっちに点が入ってもおかしくない展開。

40分過ぎ、これまで一番のチャンスがイランに。

GKと1対1になるも決められず。

前半はスコアレスのまま終了。

 

後半。

試合開始同様にモロッコの攻勢に。

ただ、イランは試合開始時と違って、攻めさせてる、感じ?

もう、魂と魂のぶつかりあい、みたいな展開。

20分ぐらいにイランが最初の選手交代するけど、攻めのエンジンはかからず。

30分にモロッコは脳震盪の選手とさらにもう一人交代。

直後、イランの中盤の要だった9番が負傷交代。

モロッコの攻撃の芽をことごとく潰していただけに、イランには痛い交代。

37分には攻勢のモロッコが中盤の選手に代えて、なぜかDFの選手を投入。

足攣る選手が増えてくるサバイバルな展開。

両チームとも3人の交代枠を使い切り。

死闘。

ロスタイムはなんと6分。

そしてドラマが。

49分、左CK近辺からのFKを得たイランが、なんと相手FWのキレイなヘディングでのオウンゴール!

そして守り切ってイラン1-0で勝利!

スポンサーリンク

すごい試合でした。

気持ちと気持ちのぶつかりあい。

スペイン、ポルトガルを考えれば、互いに絶対に勝利が必須条件。

もう、後の試合を考えてないような試合運びでした。

勝ったイランはもちろん、モロッコもホントにいいチームでした。

オウンゴールした20番、終了直後は起き上れなかったけど、責める必要なんてありません。

スペイン、ポルトガル相手に一泡吹かせてほしい、両チームともそう思わせる凄い試合でした。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集コーナー

広 告



ページ上部へ戻る